2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018.07.14

第9回ふかがわ街ぶら夏

第9回ふかがわ街ぶら夏
昨日(7月13日)から15日までの日程で「第9回ふかがわ街ぶら夏」が始まりました。

函館バル街にヒント得たもので回を重ねて今年で9回目。これまで秋の開催でしたが、今回は初めての夏開催です。250円チケット8枚綴りの街ぶら券を片手に飲食店や商店を回って、企画商品やメニューと交換するイベントで、普段行く機会が無い店にも行くきっかけにしてもらうことも狙っています。

そこで今日の昼食は、キルティングビーで黒米タコライス丼をいただきました。ふかがわどんぶり大作戦の参加メニューです。

前は白米だったと思いますが、今回は黒米で挽き肉、野菜がたっぷりのって、少しピリ辛で、美味しかったです。

街ぶら券3枚で食べられます。

2018.07.11

深川市陸上競技場にて

深川市陸上競技場にて
今日は深川市陸上競技場にて、ホクレンディスタンスチャレンジ深川大会を観戦しています。

国内トップアスリートが競い合う陸上中長距離の記録会です。このあと21時過ぎまで競技が続きます。

2018.06.24

深川どんぶり大作戦2018始まる

今年の「深川どんぶり大作戦」が23日から始まりました。このどんぶり大作戦は、深川産米の消費拡大を目的に市内飲食店で深川産米を使った丼メニューを提供するもので、提供店を巡るスタンプラリーなどの企画も行われています。詳しくは深川市ホームページを参照ください。

初日の23日のお昼に今回初どんぶりを食べました。ちょうど午前中、市内中心部で所用があったので、路線バスに乗ってお出かけ。

初どんぶりに選んだのは、今回初参加の店から、あけぼの町の「焼肉ふかがわ」。

深川どんぶり大作戦2018始まる

あけぼのコミュニティセンター近くに2軒飲食店が並んでいます。右側のお店が「焼肉ふかがわ」、左側のお店が「旬華」で2店ともどんぶり大作戦に参加しています。

エントリーどんぶりは「スタミナふか丼」900円。特製のタレで焼いた道産の和牛、豚ホルモンがたくさん盛ってあり、食材ごとの違う食感が楽しめる美味しいどんぶりでした。
深川どんぶり大作戦2018始まる

帰りは路線バスの市内循環線に乗車して、市内中心部へ戻りました。

2018.06.02

道の駅ライスランドふかがわにて

道の駅ライスランドふかがわにて
今日の昼食は道の駅ライスランドふかがわ2階のレストラン味しるべ駅逓にて、今月の限定釜飯を食べました。

深川産アスパラガスと道南産ホタテを炊き込んだ「帆立アスパラ釜飯」で、好評につき、アスパラガスが手に入るうちは提供延長と看板に書いてあったので、先月の続きと思われます。

炊き込んだアスパラガスが柔らかくて甘く、マヨネーズとの相性が抜群で、美味しかったです。

価格は1,100円です。

2018.05.31

長谷川きよしコンサートin旭川

旭川市神楽公民館木楽輪(きらりん)


 去る5月26日(土曜日)は旭川市神楽公民館木楽輪(きらりん)で開催された、シンガーソングライターの長谷川きよしさんのコンサートに行ってきました。

 長谷川きよしさんはデビュー50周年を迎えるとのことで、コンサートでのご本人の話から、主にシャンソンを歌ってきたようです。

 私は長谷川きよしさんのことは、これまで全く知らなかったのですが、今回の旭川でのコンサートに行ったのは、先月の北海道新聞読者の声欄に掲載された1件の投稿を読んだのがきっかけでした。その投稿によると、投稿者のご夫妻が実行委員会を作り、旭川でコンサートを6回開催し、今年で7回目とのこと。

 コンサートは100人はいたと思いますが満席でした。長谷川さんは目が見えないのですが、巧みなギター演奏とお歳を感じさせない伸びやかな声で、思わず聞き入ってしまいました。およそ2時間のコンサートはあっという間に過ぎていきました。

 また、来年もコンサートが開催されれば、聞きに行こうと思います。

2018.05.06

札幌ドームにて

札幌ドームにて
今日は札幌ドームにてファイターズ×マリーンズ戦を観戦します。清宮選手の高卒新人初の初出場後5試合連続ヒットを目撃しました。

2018.05.05

札幌厚別公園競技場にて

札幌厚別公園競技場にて
今日は札幌厚別公園競技場にてJ1第13節札幌×G大阪戦を観戦します。
チームは前節、劣勢を跳ね返して鳥栖に逆転勝利。9戦負けなしの3位。J1リーグ戦のホームゲームはW杯中断前は最後なので、強豪からの勝利を期待します。

2018.04.30

札幌ドームにて

札幌ドームにて
今日は札幌ドームにて、さっぽろラグビーフェスティバルの第7回関東大学春季大会・明治大学×帝京大学を観戦しています。入場無料ですが、1万人くらい来ています。1階コンコースの主な売店やビールの売り子も出ています。時折、ルール解説のアナウンスとビジョン表示が入っています。

2018.04.29

夕張市石炭博物館にて

夕張市石炭博物館にて
今日は深川から特急ライラックで岩見沢へ。岩見沢からバスを乗り継いで夕張に来ました。思い出の黄色いハンカチ広場、市内のそば屋でカレーそばを食べ、昨日リニューアルオープンした夕張市石炭博物館を見学してきました。

夕張の最後は夕張駅から、来年廃止されるJR石勝線夕張支線に乗車して、旅の締めくくりです。

2018.04.22

深川から「宗谷本線普通列車6時間4分の旅」を考える

 YAHOO!JAPANニュースに掲載されていた北海道新聞配信の記事を紹介します(4月14日配信)。

 普通列車6時間4分「乗り鉄」魅了 JR宗谷線全線、車窓の眺め人気 (YAHOO!JAPANニュースにリンク)

 宗谷本線で旭川発稚内行きの普通列車が「乗り鉄」の鉄道ファンの人気を集めているという話題です。宗谷本線の旭川-稚内間259.4キロ全線を1本で直通する普通列車は、午前6時3分旭川発、午後0時7分稚内着の1本だけとのこと。

 記事では乗客の感想も掲載されており、「移り変わる景色をゆったり楽しめた。6時間以上乗ったとは思えない」という感想や双眼鏡を片手に乗車した外国人乗客からは「シカもタカも見えた」とのこと。沿線風景について記事では、「観光端境期でも車窓の眺めは魅力的という。小説の舞台にもなった塩狩峠、最北の稲作地帯・名寄盆地、雪解け水をたたえた天塩川との並走を経て、左手に日本海が広がる。天気が良ければ利尻富士も望める。」と紹介しています。

 例えば、深川からこの列車に乗車しようとすると、始発の6時57分発旭川行普通列車では間に合わないので、札幌からの特急最終列車となる午前0時11分発の特急カムイ47号で旭川に行って、夜明けを待つなど、前もって行くしかない状況です。

 では、帰りはどうなるのか。到着後の稚内発列車は13時1分発旭川行特急サロベツ、17時46分札幌行特急宗谷のどちらかであれば、深川までその日のうちに帰ることができます。普通列車になると18時4分発名寄行普通列車までなく、名寄で旭川行普通列車に乗り継ぐと旭川到着が23時39分となり、既に深川方面は最終列車が出た後で、深川にはその日のうちに帰ってくることができません。

 特急列車で帰る方法もありますが、同じ路線を折り返すだけでは物足りないという向きには、稚内13時1分発旭川行特急サロベツに乗車して、豊富駅13時41着(または幌延駅13時55分着)で下車。沿岸バスで日本海沿岸をたどって留萌へ行くという方法があります。豊富駅14時40分発、幌延駅15時9分発の留萌行沿岸バスで留萌駅前18時38分着。留萌駅前からは18時41分発旭川行道北バスにつながります(深川十字街に19時50分到着)が、せっかくなので留萌の海の幸で一杯やって、旅の最後は留萌本線で締めくくりましょう。留萌駅20時20分発深川行普通列車で帰ると、深川駅には21時16分に到着します。

 参考までにこのプランで交通費を計算すると、深川ー稚内間JR普通運賃5,720円、深川-旭川間自由席特急料金620円、稚内-豊富間JR普通運賃930円、自由席特急料金620円、豊富-留萌間沿岸バス運賃2,780円、留萌-深川間JR普通運賃1,070円で合計11,740円です。

 往復だけでは体力勝負の感がありますが、稚内や豊富温泉など沿線で1泊する手もあり、沿線風景、鉄道、バスを大いに楽しむプランになりそうです。

バスの時間参考)沿岸バスホームページ

▼宗谷本線旭川-稚内間直通普通列車の時刻(「JR時刻表」2018年3月号710ページより)
宗谷本線旭川-稚内間直通普通列車の時刻

«「普通列車を観光列車にする取り組み」を留萌本線で考える

リンク(Blog)


Trackback People


  • トラックバックURL http://member.blogpeople.net/tback/00738 詳細はこちらをご覧下さい。

  • トラックバック先URL: http://member.blogpeople.net/tback/00777