2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

コンサドーレ札幌練習試合総括

 ファイターズの話題が続きましたので、ここでコンサドーレの話題を。
 コンサドーレ札幌は第1次のグアムキャンプに続き、第2次キャンプを鹿児島県指宿市で2月27日まで行いました。第1次~2次キャンプの間に練習試合が7試合行われましたのでここでまとめておきます。

 2月6日 VSグアム代表(グアム) ○ 7-0
  →柳下監督慎重/格下グアム相手に7-0
 2月12日 VS東京V(グアム) ● 0-1
  →柳下監督目指すアクションサッカー手応え/東京Vに惜敗
 2月21日 VS柏(鹿児島県薩摩町・インターナショナルゴルフリゾート京セラ) 午前 ● 0-1 午後 ● 0-1
  →柏に0-1 課題山積もアクションあった
 2月24日 VS名古屋(指宿) ● 0-3
  →アクションサッカー足踏み/対J1戦3連続完封負け
 2月25日 VS佐川印刷(指宿) △ 2-2
  →練習生・清野が1ゴール1アシスト/J復帰へ弾み
 2月27日 VS本田技研(指宿) △ 0-0
  →柳下サッカーじわじわ浸透/本田技研戦ドローに収穫と課題

 昨シーズンはJリーグチームとの練習試合は確か福岡戦のみでしたが、今年はJ1勢と3試合行われ、いずれも完封負けとなりました。柳下監督体制で始動してから1ヶ月半程度ですから、とにかく実戦経験を積んで目指すアクションサッカーに一歩づつ近づけば良いと思います。「スポード」3月号によると柳下監督は4月末から5月にかけてピークを設定しているとのことで、リーグ戦が始まっても微調整が続きそうです。ただホームでは必ず勝つ強い気持ちで臨むよう選手に話しているとのこと。
 コンサドーレは明日からは静岡県御殿場市で第3次キャンプに入ります。6日には昨年の天皇杯2回戦の相手・静岡産業大学との練習試合が組まれています。13日の札幌ドームでの開幕・ヴァンフォーレ甲府戦にしっかりと備えてほしいところです。

ファイターズを巡る道内テレビ局の動き

 北海道日本ハムファイターズの始動に伴い、北海道内のテレビ局の動きも徐々に明らかになってきました。日刊スポーツにいろいろと記事が掲載されてきてますので紹介します。

 プロ野球開幕待ち切れない!/道内各テレビ局ヒートアップ
 記事によりますと、札幌ドームで行われるオープン戦4試合(うち1試合は巨人主催のファイターズ戦)は全て道内局の中継が行われます。NHK,HBC,uhb,TVhではファイターズ紹介の特別番組の放送予定があり、TVh(23日)以外は、なぜかコンサドーレ札幌のJ2開幕戦(13日)を挟むかのように、12~14日にかけて放送されます。
 この記事には民放5局のファイターズ担当アナウンサーのコメントも紹介されています(HTB谷口アナ、STV永井アナ、HBC管野アナ、uhb土屋アナ、TVh大藤アナ)。といっても顔ぶれはコンサ戦の実況もされている方ばかりですが。

 ハムファンは深夜に燃える!/HTB「朝までファイターズ」
 記事には道内局(NHKBS1含む)のファイターズ戦中継予定表が出ています。日程からみてビジターも入っている数字と思われますが、最多はNHKBS1の11試合、HTB7試合、NHK総合・STV・uhb・TVh3試合、HBC1試合の計31試合となっています。
 その中でHTBが深夜に札幌ドーム開催のうち約40試合を「朝までファイターズ」として録画中継する計画で、プロ野球球団で唯一、球団所有のテレビ中継車を活用、札幌ドームからHTBまで高速の光ファイバー回線も敷設して準備を進めているとのこと。午前3時頃~5時までで、JNNニュースバード(HBC)やNNN24(STV)の裏で放送するようです。残念ながら道央圏(札幌地区)のみの限定放送で、当地の深川中継局は道北圏(旭川地区)になるため視聴は無理そうです。一応放送時に確認はしてみますが・・・

 ■もっと!ピープル 正真正銘の日ハム中毒~日本ハムを実況するためにTVHに転職した大藤晋司アナ
 記事に出ている大藤アナは昨年、名古屋の中京テレビからTVhに移った方です。名古屋からわざわざ北海道の最後発民放局に移ることを選択したのは、よほどの理由があると思ってましたが、子どもの頃からファイターズファンだったとは初めて知りました。
 <記事より引用>

 夢がある。かつては遠い存在だったプロ野球の世界をより身近なものにすることだ。「プロ野球の移転を体験できることなんてまずない。放送を通じてファンを募っていきたい」。生活や文化として定着するよう、実況を通じて手伝いたいと願う。ただし、懸念も付け加えた。「最初は道民にとってカルチャーショックがあるかもしれない。応援するのが面倒になる時もあるでしょう。ただ、乗り越えれば喜びに変わると思うんです」。目を輝かせた。

<参考>
 TVh アナウンサー大図鑑(大藤アナ)
 アナ復活  03.03.28 中京テレビのあの人が、テレビ東京系列でアナウンサーに復活!~ Toppy.Net-トッピーの放送見聞録から

 北海道にプロ野球球団が来ることは夢のまた夢という感じでしたが、最近の報道などを見ていると、「本当にやって来るんだなぁ」と実感しています。ファイターズの選手達は明日、沖縄から札幌に凱旋し、今週から札幌ドームでの紅白戦、オープン戦が始まります。

ファイターズ、オープン戦白星発進!

 今日は4年に1度の2月29日ですね。記念の日に記事を残したいと思います。
 プロ野球のオープン戦が28日に始まりました。北海道日本ハムファイターズは沖縄・北谷で中日ドラゴンズと対戦、4-0で勝利し、オープン戦を白星で発進しました。

 ドラゴンズ戦試合結果
 新生日ハム白星発進-プロ野球オープン戦開幕 新庄、3打席出塁
 何かが起きた、神がかり先制/新庄初得点日本1番

 オープン戦なので結果よりも内容が重要かと思いますが、初陣で勝利は縁起が良いです。先発の吉崎を皮切りに6人リレーでドラゴンズを1安打に抑えて完封。打撃では7回に高橋信がホームランを出しました。
 新庄は2回にデッドボールで出塁し、その後の2連打で先制ホームイン。これが今シーズンのプロ野球初得点となったそうです。今日のサンデーモーニングでは、試合途中でユニフォームを脱いでベンチにいたため、相変わらず張本氏に「喝」を入れられてました(張本氏は新庄と聞いただけで喝を入れている気がするが・・・)。「まだ頑張っている選手がいるのだからユニフォームを着ているべきで、それではチームから浮いてしまう」との張本氏のコメントには私も賛成です。

 今日は名護で横浜ベイスターズと対戦、14:25現在、5-2でファイターズがリードしてます。

2004.02.25

ファイターズバス・弁当・勝手連・後援会

 今日のファイターズ関連の新聞記事から4つ紹介します。

 (1)ファイターズバスお披露目
ナンバーは2186(ニチハム) 選手用の新しいバスをお披露目
新日本ハムバスのナンバーは「2186」と「88」
 記事によりますと昨日、ファイターズの選手専用バスが札幌ドームにてお披露目されたとのこと。バスは2台用意されるようで、ナンバーは2186(ニチハム)と88(ヒルマン監督の背番号)となるそうです。運行・管理はジェイアール北海道バス。JRバスではコンサドーレ札幌の選手専用バスも運行・管理しています。少年野球チームなど要望あれば一般貸し出しも応じる姿勢とのことで、7月には「ファイターズバスで行く北海道1周」が計画されているようです。

 (2)ファイターズ弁当発売
「ファイターズ弁当」を販売 札幌ドーム
ファイターズ通信2/23◆弁当発売
 記事によりますと札幌ドームの公式戦で「ファイターズ弁当」(1000円)と「パワーアップ!ファイターズ弁当」(800円)が発売されるとのこと。ファイターズ弁当は写真を見ると球場をイメージしたご飯・おかずの配置をしており、3塁側(ファイターズ側)にソーセージやハンバーグ、ハムカツなどの日本ハム製品、1塁側に対戦相手にちなんだもの(西武はししとうの味噌和え、大阪近鉄はお好み焼き、福岡ダイエーは明太サラダといった感じ)を入れるようです。  パワーアップ弁当の方はファイターズの状況に応じておかずを変えるようです。
 ファイターズ弁当は東京ドーム時代でも販売されており、1度購入したことがあります。容器は東京ドームをイメージしたプラスチック製のもので、シャウエッセンが入って、1200円くらいだったと思います。対戦相手にちなんだものは特に無かったです。
 ちなみにコンサドーレ札幌の試合会場では、サザエ食品が対戦相手にちなんだおかずを入れた「コンサドーレ必勝弁当」を販売しています。

 (3)札幌市厚別区の理髪店が「勝って連」を旗揚げ
日ハム応援へ 札幌の理髪店が「勝って連」旗揚げ
 記事によりますと札幌市厚別区の理髪店14店がファイターズ応援の勝手連を結成したとのこと。若者の理容店離れを食い止めようと企画、日本ハムが勝った翌営業日に百円券を配るほか、札幌ドームのシーズンシートを購入したことを証明するオーナーズカードを提示すると、一割引きになるサービスを展開するとのことです。

 (4)ファイターズ北空知後援会設立
北空知からも日ハムを応援 「後援会」を設立-深川
 今日の北海道新聞空知版に出ていた記事ですが、深川でファイターズの後援会が設立されるようです。地元の話ですが、後援会の設立はこの記事で初めて知りました。今のところ、特に入会勧誘話は来てません。既にファンクラブには入ってますので、取り急ぎ入会することもないかと思っていますが・・・。

2004.02.24

やりきれない安部被告の公判停止

 薬害エイズ事件で業務上過失致死罪に問われていた元帝京大副学長の安部英被告が「心身喪失」とのことで控訴審が公判停止になったというニュースが昨日、報じられました。

 <薬害エイズ>安部被告の公判停止 高齢で心神喪失 東京高裁
 怒りの矛先どこへ…安部被告公判停止で川田龍平さん

 薬害エイズ被害者の川田龍平さんがちょうど同じ歳なので、裁判の動向に注目していました。安部被告については薬害エイズが問題になった頃の報道陣に対しての威勢の良い振る舞い、「80にもなる年寄りをよってたかって皆でいじめる」などと当事者意識全く無しの態度に強い怒りを感じたものです。1審の無罪判決も首をかしげましたが、2審も「心身喪失」との名の下に、安部被告の責任が裁判で判断されずに闇に葬り去られるのは何ともやりきれませんね。

昨日の深川は猛吹雪

 昨日の北海道内は発達した低気圧の影響で大荒れの天気でした。深川市も猛吹雪で22日~23日にかけて50cmは降ったように思います。朝起きると長靴がすっぽり埋まるくらい雪が積もってました。しかも吹雪ですから隙間もびっしり雪が入り込んでおり、除雪するだけでも一苦労でした。普段、車は青空駐車していますが、さすがに発掘を断念し、職場まで30分かけて猛吹雪の中、歩いて行きました。猛吹雪は午後になると峠を越しました。
 札幌・旭川方面のJRもほぼ1日運休で、夕方に仕事で外に出たときに踏切を渡ると、雪で線路が見えない状態で、一目で運休していたことが分かりました。その頃、市内あちこちで除・排雪作業が行われ、主要道路の交通は確保されてました。除雪作業の皆さんには本当に頭が下がります。

 オホーツク・道東で大荒れ続く 暴風雪は24日明け方まで

2004.02.22

ファイターズ・コンサドーレ統合日程表他を更新

 今日の深川は1日中、雪が降ってます。もう20cmは積もったのではないかと思います。そこで、家でホームページの更新に取り組みました。
 今回の更新は・・・
 1.ファイターズ・コンサドーレ統合日程表にコンサドーレのサテライトリーグの試合日程、J1・J2の入れ替え戦の日程を追加しました。
 2.北海道日本ハムファイターズのコーナーを新設、統合日程表と既存のココログ記事へのリンクを張りました。
 3.表紙写真の更新。今回からココログの左側に常時、表紙の最新写真を表示するようにしました。ここにはあえて何かは書きません。詳細を知りたい方は画像をクリックすると、本館「ガリッとのホームページ」の表紙に飛びますので、そこで確認して下さいね。

コンサドーレJ1昇格頃のチケット入手難回想記

 J1に昇格したアルビレックス新潟のホーム開幕戦・神戸戦のチケット発売が21日から始まったそうです。トラックバック元記事によりますと、ロッピーに長蛇の列ができたとのこと。他のインターネット上の新潟系掲示板を見ると売り切れ近し、という様子でした。シーズンパスも完売しそうな勢いとのこと。常時、4万人近くの観客動員があることを考えれば頷ける状況ですね。(実際、ビックスワンには昨年8月の新潟×札幌戦の時に応援に行きました)

 これを見て、コンサドーレ札幌がJ1に再昇格した2001年シーズンのチケット入手難を思い出しました。私はシーズンパスを買わずに見に行く試合はその都度チケットを買ってます。2001年はチケットを発売すれば完売近くまで売れていた状況でした。厚別開幕の鹿島戦の発売時は指定席は即日完売、自由席も5日間で完売した記憶があります。私は発売日に地元のJR駅のみどりの窓口で買いましたが、ロッピーに行列ができてつながりにくくなったという話もネット上で見ました。

 私の場合、コンサドーレ戦でチケット入手に一番難儀したのは、2001年の札幌ドームオープン後最初の試合となった横浜M戦で、発売開始2時間半で4万席が完売した時でした。発売日(6月)はYOSAKOIソーランまつりがあったので見物のため札幌に行ってましたが、4万席なので後から買えばいいと思って、午後にローソンでロッピーを操作すると「完売した」との文字が。慌てて丸井今井のオフィシャルショップに駆け込むも「もう売り切れ」とのこと。駅のKIOSKで自由席を扱っているので、札幌の地下鉄やJR駅でKIOSKを見つけるたびにチケットの在庫を聞き歩き、7軒目となった、地下鉄さっぽろ駅南北線改札口のKIOSKで「B自由席あります」と聞いたときには心の底から安堵したものです。それ以降、ここまで入手に難儀した試合は無いです。今は成績低迷やJ2降格もあって入手難は夢となっている状態ですが。

 毎年、この時期は札幌から離れた地方在住故、どのくらい見に行けるのか予想つかず、シーズンパスを買うかどうか悩むのですが、結局は毎回チケットを買うことを選択しています。今年もどうしようかと思ってますが、このまま毎回チケットを買うことになりそうです。

 ちなみに、今年の3月13日の開幕・甲府戦前売りチケット発売開始は28日です。チケット詳細はこちらを参照下さい。

2004.02.21

コンサドーレ札幌サテライトリーグ日程

 Jリーグのサテライトリーグの日程が発表になりました。コンサドーレ札幌はAグループで、鹿島アントラーズ、柏レイソル、東京ヴェルディ1969、横浜F・マリノスと一緒のグループになりました。コンサドーレは昨年から参加してますが、顔ぶれが鹿島と東京V以外は変わりましたね。コンサドーレ札幌関係日程は下記の通り。

 日付    カード     場所   開始 
 4/04 札幌 -東京V 宮の沢  15:00 
 4/11 鹿島 -札幌  成田市  14:00 
 4/18 柏   -札幌  日立柏  15:00 
 5/30 札幌 -横浜M 宮の沢  15:00 
 6/06 横浜M-札幌  未定   未定 
 7/18 札幌  -柏   宮の沢  15:00 
 8/15 札幌  -鹿島  宮の沢 15:00
 9/12 東京V -札幌  ヴェルディG 14:00

 他のグループの日程についてはこちらを参照。

2004.02.19

日本1-0オマーン

 昨日のサッカーW杯1次予選の日本×オマーン戦。急きょ、職場で飲み会になったので市内のお店のテレビの前に陣取って見てました。宴会しながらの観戦なので何となく見ていた時間の方が多かったですが・・・それにしても点がさっぱり入らずに、他の人が引き分け予想をしていたのが、だんだんと現実味を帯びてきた中での、後半ロスタイムでの久保の決勝ゴールとなりました。ちょうどその瞬間はテレビの画面を見ており、シュートが決まったときには思わず「入ったー」と叫んでしまいました。
 何とか初戦は勝ちましたが、決勝ゴール以外はPKを外したりと決定力不足は変わらず、今後の戦いに不安を残す内容だったと思いました。

2004.02.18

日ハム×阪神の視聴率

17日の新聞に去る15日にHBCで録画中継された日ハム×阪神の視聴率が8.6%を記録したと報道されてました。昨年の日ハム戦道内視聴率が5%台とのことで、新庄効果もあり、最初の中継としては上々の数字だったと思いますが。
それにしても新庄がベンチから下がりサブグランドに移動すると観客も移動して球場が空いてしまうのは・・・もっと他選手にも目を向けて見てはどうでしょうか。

2004.02.15

今日の室蘭は雨

今、所用で室蘭に来ています。現在の室蘭は雨模様です。
先程、サンデーモーニングを見ました。昨日の日ハム×阪神の練習試合での新庄が一打席限定ながら活躍したとのこと。予想通り「喝」が入りましたが、いくら混乱を避けるためとはいえ、試合途中で名護帰るのはいかがなものでしょうか。
ちなみに今日の試合はHBCテレビで録画中継があります。

2004.02.11

北海道を知る100冊フェア

 札幌の旭屋書店札幌店(JRタワー・札幌ステラプレイス内)で「北海道を知る100冊フェア」が今月29日まで開催されています。北海道庁で運営しているポータルサイト「北海道人」のコンテンツの1つに「北海道を知る100冊」があり、そこで紹介された本が並べられているとのことです。北海道に興味のある方は紹介された本を読んでみてはいかがでしょうか。

 「北海道」知る100冊 札幌の書店でフェア 
 北海道を知る100冊(北海道人から)

 関連して、北海道新聞の読書欄「ほっかいどうの本」で紹介された343冊を紹介した本「必読北海道」(北海道読書新聞社刊)もあります。
 343冊のリスト

J1・J2入れ替え戦実施へ

 来季からJ1リーグが現在の16チームから18チームに増えるのに伴い、J1とJ2の入れ替え方法がJリーグで検討されていましたが、ついに決まったようですね。

今季終了後にJ入れ替え戦
 上記記事より引用

今季は16チームのうち(1)15位までが自動的に残留。(2)J2の1、2位も自動昇格する。(3)残る1枠をめぐってJ1の最下位とJ2の3位がホームアンドアウエー方式で入れ替え戦を行う。

 各種報道で取りざたされていた案になったようですね。今季はJ1の最下位だけが入れ替え戦に回るとのことで、入れ替え戦に勝てばJ1からの降格はないという事態もあり得ます。コンサドーレを応援する身としては、入れ替え戦と聞くと1998年のJ1参入決定戦を思い出すので、あんまり良いイメージがないのですが・・・
 私としては今年に限ってJ1からの自動降格が無いのはいかがなものかと思います。J1最下位はJ2自動降格で、J1の15位とJ2の3位で入れ替え戦をしてはと思ってましたが。
 とにかく決まりましたので、コンサドーレも昇格争いに絡める位頑張って欲しいです。
 

2004.02.10

相馬 暁さんの「がんと向き合う」

 最近、北海道新聞生活面に「がんと向き合う」というコラムが不定期に掲載されています。執筆しているのは長年、道立の農業試験場に勤め、「野菜博士」と知られる相馬 暁さんです。相馬さんは現在、当地・深川市にある拓殖大学北海道短期大学環境農学科教授として教壇に立つほか、上川管内当麻町にて実際に農業を営んでおり、「相馬暁の日々耕作」という連載で自らの営農状況をレポートしています。

 昨年12月28日付に相馬さんがすい臓がんを患っていることがインタビュー記事に出ており、「昨年7月に余命240日の宣告を受けた」とのことでした。深川市と大きな関わりがある方で、実際に講演を聞いたり、お話もしたことがありましたので、記事を読んで私もショックを受けたものです。

 相馬 暁さんの「がんと向き合う」
   相馬暁さんに聞く:がんに真っ向 講演の日々

一方、相馬さんは「その瞬間、頭の中が白くなったとよく聞くが、私の場合、それはなかった。妻に、あなたも泣きなさいと怒られた」と振り返る。「夫は治療よりも、残された時間をどう生きるかを考えたようです」と佳子さん。複雑な思いを抱えつつも、道立農試などで農業のあり方を見つめてきた「研究者」ならではの姿勢がのぞく。
  「考えれば、命の終わりは早いか遅いか、でしょう。私は好きなことをやり、とにかく精いっぱい時間に追われるように生きてきた。入院で自分を考える時間がもて、命が限られるなら、私がやるべきことは何かと考えた」。出した結論は、長年取り組んできた農業のあり方への視点、食の重要性を多くの人に伝え残したいということ。(上記インタビューから)

 病気を患い、余命幾ばくとなったら、残された時間をどう生きるか。相馬さんから発せられるメッセージが示唆するものを感じ取りたいものです。今も治療を受けながら講演活動を続けているとのことで、機会があれば改めて相馬さんの講演を聞きに行きたいと思っています。

2004.02.08

HBC卓田アナとコンサ

 HBCラジオで日曜の午後5時から「フッチー・ホリーの一生懸命ラジオ塾」という番組があります。この番組は同局サイトによりますと、HBCの2人の新人アナが先輩アナをスタジオに招いてトークをするというもの。今日は卓田和広アナが出演されてました。ベッドに横になってボーッと聞いてましたので、あまり内容は覚えてませんが、同アナがコンサドーレ戦のラジオ中継「コンサドーレライブスタジアム」を担当していることもあり、その方面の話題もちらほら。同アナの昨年のラジオ実況成績が4勝1分で負けが無かったという強運ぶりも明らかになりました(昨年のコンサは13勝を挙げている)。ラジオ実況の苦労話もありました。昨年11月1日の第41節新潟戦での今野が入れた2点目のシーンの実況録音も流れてましたね。
 番組でふれてましたが、今年のコンサドーレライブスタジアムは3月13日の開幕戦(対甲府)から放送するそうです。

*一生懸命ラジオ塾については、2003年 10月13日「初めて持つラジオ番組」(渕上 紘行)を参照。
*卓田アナの実況については、2003年 9月30日 「熱い実況でスリムに…なったかな?」(卓田 和広)を参照。

2004.02.07

ふかがわ氷雪まつり開催中

 7,8日の2日間の日程で開催されている「ふかがわ氷雪まつり」の会場・花園公園に行ってみました。その様子です。

20040207-1.jpg 20040207-3.jpg
▲ステージを兼ねたメイン雪像です。今年はファインディング・ニモでした。旭川の陸上自衛隊第2師団第2特科連隊第1大隊の制作。 ▲この祭り名物の「みかんまき」の様子。当たりくじ付きのみかんを拾うと景品がもらえます。大勢の人たちが拾いに来ました。
20040207-2.jpg 20040207-4.jpg
▲市民雪像もありました(孫悟空)。 ▲市民雪像はコンクール形式でした。最優秀賞の雪像です(世界に1つだけの花)。
20040207-5.jpg 20040207-6.jpg
▲市民雪像(ほしのゆめ)。 ▲氷像もありました(昇竜)。
20040207-7.jpg20040207-8.jpg
▲アバレンジャーが描かれた大滑り台は子ども達で賑わってました。 ▲大かまくらの中では甘酒のサービス。
20040207-10.jpg 20040207-11.jpg
▲子ども雪像コンクールの作品(ドラえもん、onちゃん[HTB北海道テレビのキャラクター]) ▲会場で無料サービスされた「明日萌鍋」(北空知・南留萌広域観光協議会提供)。明日萌とはNHK連続テレビ小説「すずらん」の舞台の明日萌駅(JR留萌線恵比島駅)にちなんだもの。会場ではこうした温かい物が随時無料サービスされています。
20040207-13.jpg20040207-12.jpg
▲深川駅前の商店街の歩道には氷雪まつりに協賛してミニ雪像が作られています。 ▲ミニ雪像の1つ。明日は商店街ウォークラリーが行われます。

 また、北海道内各地で雪まつりが開催されています。blogの中で記事を探してみました。(トラックバックしてます)
さっぽろ雪まつり
(さっぽろ)雪まつり2日目
くしろ氷まつり

ふかがわ氷雪まつり開幕

 「さっぽろ雪まつり」や「旭川冬まつり」をはじめ、北海道内各地で冬祭りが開催されていますが、当地・深川市でも今日から2日間の日程で「ふかがわ氷雪まつり」が始まりました。今年は会場の花園公園の様子がライブ映像で見れますのでご覧下さい。

ふかがわ氷雪まつりライブ映像

 私も会場に足を運ぶ予定ですので、後ほど会場の様子を紹介したいと思います。

2004.02.05

2ゴール1失点の定理

 ここ2日間で深川には30cm位の雪が降りました。
 さて、今日のコンサドーレ関連の新聞報道では、柳下監督が「1試合2ゴール1失点」を目標に掲げたとのことでした。

札幌「2G1L」の定理/これが勝利の方程式だ

 上記記事より引用

「ゲームに勝つために得点2は必要。ほんのちょっとしたことで失点の可能性はある。89分間を完ぺきに守ったとして(1点リードなら)入れられたらおしまい。常に失点1は覚悟している」と努力目標を掲げた。

 ここ2年くらいの試合では「ロスタイムの悲劇」が何度となく繰り返されていた記憶があります。やはり2点はとらないといけないと感じていましたので、目標として掲げることによってチーム内で徹底して欲しいところです。

今年のコンサドーレ主将決まる

 新聞報道によりますと、コンサドーレ札幌の今年のチームリーダー(主将)に佐藤尽、サブリーダー(副主将)に大森、砂川が柳下監督から指名を受けたとのことでした。

今季の主将に佐藤 初の道産子リーダー
道産子佐藤がチームリーダー/「適任」とヤンツー指名

 今年は主将・副主将とは言わずにチームリーダー、サブリーダーと呼ぶようです。人選については文句なしですね。ここ2年くらいはチームの意思疎通がうまくいかず、一体感に欠けていたので、今年こそは若い選手を積極的に引っ張って、チーム一丸となって戦う集団を形成して欲しいです。

2004.02.03

やはり強風は吹いていた

 今日の未明、深川市など北空知地方に暴風雪警報が出ていました。朝起きると雪はあまり降ってませんでしたが、風が強かったようです。

通行止め相次ぐ 道内大雪

 上記記事より引用

三日正午までの十二時間降雪量は根室管内羅臼町二八センチ、同中標津町一八センチ、十勝管内中札内村一七センチなど。最大風速は深川市と日高管内えりも町襟裳岬で一七メートルを記録した。

 今日の正午まででみると最大風速では襟裳岬と並んで深川が最も強かったようです。 @nifty日本気象協会ピンポイント天気のアメダス実測値では今日の午前0時台に17メートルを記録していました。普段、深川は内陸部なのでそれほど強い風はふかないのですが、2年前には最大瞬間風速51mを経験しています。このときは電柱が20本近く倒れたり、屋根、看板が飛ばされるなど多数の被害が出ました。

ただいま暴風雪警報発令

 先ほどテレビを見ていましたら気象警報の速報が流れ、当地・北空知地方に暴風雪警報が出たとのことです。たまに強風が吹いていますが、今のところ雪は降ってません。これから荒れてくるということでしょうか。現在、日本全国で警報が出ているのは北空知だけです。

日本気象協会のサイトより)
[石狩・空知・後志地方]

平成16年 2月 3日00時20分 札幌管区気象台発表
石狩北部 風雪,波浪,着雪注意報
石狩中部 風雪,着雪注意報
石狩南部 大雪,風雪,なだれ,着雪注意報
北空知 暴風雪警報 着雪注意報
中空知 風雪,着雪注意報
南空知 風雪,着雪注意報
後志北部 風雪,波浪,着雪注意報
羊蹄山麓 風雪,着雪注意報
後志西部 風雪,波浪,着雪注意報

((北空知の深川市付近では、これから3日明け方まで南東の風が強く、最大18メートルの見込みです。ふぶきによる交通障害や突風に厳重に警戒して下さい。))

[特記事項]
北空知に「暴風雪警報」を発表しました。

ファイターズキャンプイン

 1日からプロ野球がキャンプインしました。昨年までは、ただスポーツニュースをぼんやりと見ていただけだったが、今年は北海道日本ハムファイターズが誕生したため、例年よりも大きな関心をもってニュース等見ています。NHKの「ほくほくテレビ」では毎日、キャンプ地沖縄から生中継を入れると新聞のテレビ欄に書いてありました。

道民球団が始動 主力選手に笑み
新庄人気ツヨシ ファンも報道陣も一緒にゾロゾロ 名護キャンプ 
立て直しへチーム一丸 「肩のスタミナ」づくり 名護キャンプ 

 キャンプ初日は新庄人気絶大で昨年の100人から、今年は15倍の1500人が名護市営球場に詰めかけたとのこと。この新庄人気を球団人気増にうまく利用できるように知恵を絞ってほしいものです。

連載・がんばれファイターズ 新庄人気 チーム強化につなげて

 上記記事は1月23日の北海道新聞朝刊Oh!さっぽろ面(*)に、スポーツライターの玉木正之氏がかつてコンサドーレが誕生した時にアルシンドを獲得して話題を集めたことと比較して、チームが新庄人気を活用すべきと提起しています。
 ファイターズだけでなくコンサドーレもキャンプ中、北海道のチームのキャンプに注目しながら2月を過ごしたいと思います。

 *道新のOh!さっぽろ面は道央地区(石狩・後志・胆振・日高・空知[深川市以北除く])のみの掲載です。残念ながら深川市内配達の道新は旭川で印刷されているため掲載されてません。

2004.02.01

ファイターズ・コンサドーレ統合日程表を更新

 本館「ガリッとのホームページ」にある「ファイターズ・コンサドーレ統合日程表」にプロ野球のオールスター、パリーグ・プレーオフ、日本シリーズの日程を追加しました。
 また、表紙写真を更新しました。ぜひご覧下さい。

 ガリッとのホームページ(トップページ)
 ファイターズ・コンサドーレ統合日程表

2004まなびピアふかがわ大会

 深川市生きがい文化センターで1日開催された「2004まなびピアふかがわ大会」の会場に行ってみました。生涯学習の行事です。

20040201-7.jpg 20040201-8.jpg
▲「まなびピアふかがわ」の体験講座の様子1 ▲体験講座の様子2
20040201-11.jpg 20040201-10.jpg
▲私は体験講座の中で「ラッピング講座」に挑戦してみました。バレンタインデーにちなみ折り紙で赤と黒で小箱を作りました。中にはチロルチョコ。 ▲小箱をラッピングしたもの。
20040201-9.jpg
▲小箱を入れた紙袋。これで完成です。A4の紙から作りました。案外簡単にできました。

 *写真の位置取りに表を活用しました。ココログで表を作る上で参考にした記事です。とても参考になりました。

ふかがわ氷雪まつり雪像作り2

 今日の深川は晴れの良い天気でした。デジカメを片手に市内を歩いてみました。まずは7~8日開催のふかがわ氷雪まつりの会場の花園公園から。1月24日撮影の時と比べて見て下さい。


20040201-1a.jpg 20040201-3.jpg
▲石狩川に架かる深川橋と音江の山々。この日の天気は晴れでした。 ▲深川橋から石狩川上流(旭川方向)を望む。
20040201-4.jpg 20040201-5.jpg
▲花園公園で7~8日のふかがわ氷雪まつりに向け制作が進むジャンボ滑り台。 ▲メイン雪像ですが黒い布で覆われ中はよく分かりません。
20040201-6.jpg
▲市民が制作するミニ雪像群です。形がだいぶはっきりしてきました。

「北海道と北信州」似たロゴマーク

 たまたまネットサーフィンしていたところ、こんな記事を見つけました。

 PRロゴどっちがどっち 北海道と北信州

 1998年に北海道庁が観光と道産品振興を目的にロゴとキャッチフレーズ募集し、キャッチフレーズ「試される大地北海道」とロゴが決まりました。また、同じ年に長野県の北信州観光推進連絡会でも観光PRに「北信州」のロゴを募集して決めたとのこと。北信州のロゴは初めて見ましたが、記事の画像を見ると両者は筆文字や配色が随分と似ていますね。地方自治体の名前や地域名のロゴは商標登録にならないそうなので、問題は無いのでしょうけど・・・

 こんなこともあるのですね。

図書館の本棚から(04/2/1)

 深川市立図書館の蔵書で気になったものを挙げておきます。

・吉岡逸夫「なぜ記者は戦場に行くのか~現場からのメディアリテラシー」現代人文社、2002年
・菅谷明子「未来をつくる図書館-ニューヨークからの報告」岩波新書837、岩波書店、2003年

今年のコンサドーレのファンクラブ継続記念品

 昨日は大学時代のゼミ指導教授を囲んでの新年会があったので、札幌に行ってました。
 さて、夜、家に帰ってくるとコンサドーレ札幌ファンクラブ事務局から、2004シーズンの会員継続記念品が届いていました。オフィシャルサイトによると、「オリジナルコンビニエンスバック」だそうです。文庫本が入る位の小物を入れる袋です。観戦時のおやつを入れるような使い方を想定しているのでしょうか?
20040201-1.jpg
 ▲これが噂の?「オリジナルコンビニエンスバック」です。大きさの参考に横に文庫本を置いてみました。文庫本なら3~4冊入るくらいの容量といえます。袋の素材はしっかりとしたものでしたよ。

 私は一般の会員ですので記念品はこれだけですが、プレミアム会員には「時計付きのリストバンド」が届いたそうです。(トラックバック元記事を参照)

 新聞報道(暑いグアムで早速汗 1次合宿スタート)によると、昨日、コンサドーレの監督・スタッフ・選手ご一行様がグアム入りしたとのこと。巨人の選手達と同じ飛行機だったとのことで、空港の警備がすごかったようですが、何も巨人と同じ飛行機に乗らなくてもと思ったのは私だけでしょうか。道新スポーツによると巨人には報道陣15社50人がお出迎え、対してコンサには新聞3社でTVはゼロとのことでした。どうせならついでにちょっと取材してくれてもよいのでは・・・

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »