2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.27

ファイターズプレーオフ進出正式決定

 今日のプロ野球実行委員会でスト中止による代替試合は開催しないことが決定されたため、ファイターズの3位が確定し、プレーオフ進出が正式に決まりました。プレーオフ第1ステージは10月1日からライオンズを相手に西武ドームで行われます。プレーオフはファイターズにとっては全てアウェイでの戦いとなりますが、短期決戦で勢いに乗れば充分に可能性はあります。札幌ドームにチャンピオンフラッグを持って凱旋し、日本シリーズで再び盛り上がれる日が来ることを期待しています。

横浜FC1-1札幌/終了間際に同点弾

 J2第36節、コンサドーレ札幌は26日に東京・江東区夢の島競技場にて横浜FCと対戦、前半に山尾に先制されるも、後半43分に田畑が25mのミドルシュートを決めて同点に追いつき、1-1で引き分けました。
 今日の17時からCSで録画放送がありましたので、仕事から帰って途中から見ました。初めて映像で見た夢の島競技場の印象・・・ここで試合ができるなら、深川の陸上競技場でも開催できると確信を持ちました。そう思わせるほど地元の競技場と規模が似ていましたので(電光掲示板は無いですが)。
 そんなことは別にして、仙台戦に勝った後の山形戦の内容が悪すぎたので、水戸戦に勝った後でまた内容が悪くなるのではないかと心配してましたが、前半の田畑のミドルや後半も上里のFKなど、期待を抱かせる場面もあり、昨日の字面だけのイメージとは違った試合でした。シュートは15本で横浜FCの6本を上回りました。
 昨シーズンもそうでしたが、なかなか横浜FCからは勝ち星が挙げられませんね。次節は10月2日(土)厚別で京都との対戦で、格上相手にどこまで成長できたかを試して欲しいと思います。

2004.09.25

ブルーウェーブ4-7ファイターズ/プレーオフ進出決定?

 プレーオフ進出をかけたブルーウェーブ×ファイターズの最終戦(代替試合無い場合)が昨日行われ、7-4でファイターズが勝利し、このまま代替試合が行われなければ、3位が確定し、暫定的ながらプレーオフ進出を決めました。出先にてラジオを聞いていましたが、先発金村、中継ぎミラバル、最後は守護神横山で締めくくりました。
 とにかく目標だったプレーオフ進出が暫定ながらも決まって良かったです。

2004.09.23

ホークス7-6ファイターズ/痛恨のサヨナラ負け

 我らがファイターズは福岡ドームにてホークスと対戦しましたが、延長戦の末、入来が井口にサヨナラHRを浴びて7-6と痛恨のサヨナラ負けとなりました。
 北海道ではテレビはuhbが急遽、福岡TNC制作中継を14:00から生中継、福岡よりも長い17:54まで延長して一大決戦を中継しました。ラジオはNHK第一で北海道ローカルで中継されました。
 プレーオフ進出マジックを1として福岡ドームに乗り込んだファイターズ。試合はファイターズペースで進み、先制点の後、4回表には4点を追加し5-0として、先発斉藤をマウンドから引きずり降ろしました。6回裏には最近のファイターズ戦で調子が良さそうな宮地にソロHRを浴びるも、7回表に新庄がソロHRを打ち込み6-1と大量リードとなりましたが・・・・ここは福岡ドーム、場内の盛り上がりもすごくなり、流れが変わり始め、7回裏に川崎タイムリーで6-3とされ、8回表には満を持して建山を投入するも城島2ランHR、ズレータソロHRで6-6の同点にされてしまう。20,21日の札幌ドームと正反対の展開となり、9回表には三瀬、裏には横山と両チームとも守護神登場で延長戦へ。10,11,12回表とファイターズは得点圏にランナーを出すもあと1本が出ずに、12回裏に入来が井口にサヨナラHRを浴びて、痛すぎるサヨナラ負けを喫しました。
 今日は勝てる試合だったと思いますが、やはりホークス打線・福岡ドームの大観衆の威力にペースを狂わされてしまったという感じでした。明日のブルーウェーブ戦は「絶対に負けられない戦い」となりました。札幌移転元年の今シーズンはプレーオフ進出に向け、球団フロント・選手・ファン一丸となって戦ってきました。明日は総力戦でプレーオフ進出を勝ち取って、1年の頑張りが報われることを切に願います。

札幌2-1水戸/待ちに待った厚別今季初勝利

 今日は天気が良く、厚別でのサッカー観戦にうってつけの日でした。J2第35節、我らがコンサドーレ札幌は札幌厚別公園競技場にて水戸ホーリーホックと対戦、曽田・相川のゴールにより2-1で待望の厚別初勝利を挙げました。
 所用のためキックオフ直前に厚別に入ったので、何とかフェアプレイおじいちゃんとフラッグおばあちゃんは見ることができました。他のコンサ系blogをみると、試合前にコンサドールズのユース、ジュニアの出演もあったのを知りましたが、見逃しました。
 携帯ラジオで福岡ドームのホークス×ファイターズ戦(NHK第一で全道放送)を聞きながらの観戦。神戸から移籍した西嶋も早速スタメン出場してました。前半は攻撃で惜しいシーンがたくさんあり、シュート2本で終わった山形戦とはまるで別なチームを見ているようでした。後半に入ると水戸がボールを持つ時間が増え、今日も・・・と思い始めたところで、後半27分に曽田の先制点が入り、厚別が沸き返りました。札幌の得点シーンは生観戦では久しぶりに見た気がしますが、すぐにセットプレーから簡単に失点してしまうといういつもの展開を見せつけられてしまいガッカリ。そして、いつも乗り越えられない「2点目の壁」が、今回は相川がぶち破って後半37分に勝ち越しの2点目を挙げ、あとは必死に守って、2-1でホーム連勝&今季厚別初勝利を達成しました。
 今回は勝ちを素直に喜びたいと思います。今年は厚別では勝利が挙げられないのかと危惧してましたので、やっと1勝を挙げてくれて良かったです。
 今日の水戸戦はNHK総合で道内ローカルで生中継、全国向けJ1中継で活躍された町田アナが今年、札幌放送局に異動してから、札幌戦ローカル中継に初登板しました。また、同じ時間帯にNHKラジオ第一ではファイターズ戦中継で広瀬アナ(実況)、上野アナ(ベンチリポート)が福岡ドームに遠征し北海道向けに中継、NHKが北海道の2大プロスポーツチームの戦いを同時中継した歴史的な1日でした。
 ファイターズ戦は別記事で。

2004.09.21

ファイターズ7-3ホークス/プレーオフ進出へ王手

 今日もファイターズはホークスと札幌ドームで対戦しました。昨日を上回る今季最高の43,000人が集結、プレーオフ進出へ一丸で戦うファイターズ選手達を後押ししました。札幌ドームの場合、ジャイアンツ戦の発表が確か42,000人で、ついにファイターズ戦がジャイアンツ戦を超える日が来たことになります。
 超満員の札幌ドームで選手が燃えないはずがありません。今日もホークスに先手を取られ、4回表にはズレータに2ランHRを浴びて0-3とリードを許しました。しかし、5回裏にオバンドーがファールで粘ってヒットを放つと、徐々に先発・和田のペースが狂い始め、島田2ランHRで1点差として、新庄が逆転2ランHRで4-3にしました。さらに6回裏には、昨日も当たりのなかったセギノールのソロHR、島田のタイムリーで6-3、8回裏またも島田のタイムリーで7-3として、最後はミラバルが完投してホークスに連勝しました。
 ファイターズの選手やフロントも札幌ドームを満員に、そして福岡ドームのような盛り上がりを、とファンサービス・集客に力を入れましたが、この2日間、奇しくもホークス相手に福岡ドームに匹敵する盛り上がりで、大観衆に慣れているであろう相手投手も調子を狂わせるほどだったことは、大いに喜ばしいことであり、来シーズンの札幌ドーム開催の好材料になったに違いないと思いました。
 今日はマリーンズも勝ったため、ファイターズのプレーオフ進出マジック1(スト代替試合無い場合)となりました。残るは23日のホークス戦(福岡ドーム)、24日のブルーウェーブ戦(ヤフーBB)となりました。23日も勝って自力で進出を決めてほしいと願っています。

2004.09.20

トラックバックピープル・コンサドーレ札幌を立ち上げました

 Blogpeopleトラックバックピープルという、特定のアドレスにトラックバックを送ると自然と関連記事のリストが出来るというサービスがあります。テーマ毎に設定するのですが、既に川崎福岡仙台清水湘南神戸鹿島FC東京浦和横浜FM磐田C大阪などいろいろなJチームが設定されていますが、我らがコンサドーレ札幌はまだ無かったようですので、僭越ながら私が立ち上げてみました。慣れないphotoshopを使ってバナーも作ってみました(どなたかかっこいいバナーを作って下さいm(_ _)m)。
TBconsa.GIF
 使い方ですが、Blogでコンサドーレ札幌に関する記事を書きましたら、
 http://member.blogpeople.net/TB_People/tback.jsp?id=00738
にトラックバックを送ってもらえれば記事のリストが出来上がります。
 記事のリストはこちらで見ることができます。
 Blogpeopleに会員登録をされている方は、自分のblogのサイドバーに記事リストを表示させることができます(新着順に10個表示)。
 詳細はトラックバック・ピープルをご覧下さい。
 コンサ系blogオーナーのみなさん、是非ご利用下さい。
よろしくお願いします。m(_ _)m

ファイターズ13-12ホークス/新庄の一振りで決着

 我らが北海道日本ハムファイターズが駒大苫小牧顔負けのシーソーゲームを制して13-12でホークスにサヨナラ勝ちしました。札幌ドームには今季最高の42,000人と大入り満員の大観衆が詰めかけました。試合前には新庄、坪井ら5人の選手がかぶり物でパフォーマンスをし、大一番を盛り上げました。
 今日は自宅でCSの生中継でテレビ観戦しました。1回表にホークスに先制されるも、すぐ1回裏に小笠原の2ランで同点に追いつきますが、3回表に本間の満塁HRなどで6失点を喫し、2-8と大量リードを許してしまう。しかし、大観衆の後押しを受けたファイターズ戦士が猛反撃、4回裏新庄ソロ、6回裏小笠原3ランなどで9-8と逆転、しかしながら、井場が踏ん張れずに宮地・ズレータにそれぞれ2ランを浴びて再び9-12とされて厳しい状況に追い込まれるも、9回裏に三瀬を攻略、最後は2アウト満塁で新庄登場、レフトスタンドに打ち込み満塁サヨナラHRと思われましたが、前走者の田中幸雄と抱き合って追い越した形になってアウト、その前に奈良原がホームを踏んでいたため1点は入り、ただのサヨナラヒットで幻のHRとなってしまいました。しかし、この場面でスタンドに打ち込んだのはさすが千両役者と感じました。
 本当に駒大苫小牧の決勝戦を思い出させる大熱戦でした。マリーンズはライオンズに敗れ、プレーオフ進出マジックは2となり、明日のホークス戦勝利でマリーンズが敗れれば、3位確定でプレーオフ進出が決まります。こうなれば札幌ドームで決めて欲しいです。

ファイターズ・プレーオフ進出へ最後の戦い

 今日からファイターズは札幌ドームでホークスと2連戦を戦います。17日のバファローズ戦で敗戦し4位に転落、プレーオフ進出マジックは4ですが、マリーンズが残り2戦で2連勝した場合、ファイターズは残り4戦を全勝しなければならず、まさに正念場を迎えています。
 今日の北海道新聞に札幌ドームでの観戦を呼びかける見開き広告が掲載されました。
20040920-1.jpg
 球団旗に各選手の直筆でのメッセージが書かれ、「燃えろ、プレーオフへ! さあ、札幌ドームを満員にしよう!!」「わき上がれ、北海道、力のかぎり。」と大見出しが出ています。広告には下記の文章が綴られています。

 甲子園を、北海道が染めた今年。もうひとつの”快挙”を目差し前進を続けてきた、初の「道民球団」北海道日本ハムファイターズ。道産子一人ひとりの声援に精いっぱいこたえてきた選手たちが、本拠地最終シリーズで奮闘中です。さあ、札幌ドームを北海道で染め上げよう!

 18日付の日刊スポーツで白井ヘッドコーチのコーナーにこう書かれていました。
気持ち切り替え残り勝つだけ/ヘッドにおまかせ

 前回ストが回避された先週末に千葉でロッテと戦いましたが、相手の応援を見て「我々にはもっとすごい札幌のファンが付いている」とあらためて感じました。

 私は札幌ドームには行けませんが、満員のファンに後押しされ、ホークスに2連勝し、プレーオフ進出への勢いをつけてほしいと願ってやみません。

2004.09.19

山形1-0札幌/コンサドーレJ1昇格消滅

 昨日の山形×札幌戦、CSでの生中継が無かったため、NHKBSの浦和×新潟戦を見ながら(山瀬の負傷退場が心配)、オフィシャルの速報を眺めてましたが、連勝への願いむなしく0-1で敗戦しました。文字で伝わる速報を見ても仙台戦とうって変わっての劣勢であることは分かりましたが、今日の新聞を見ると後半にシュート2本という惨敗に終わってました。この敗戦で、今季のJ1昇格可能性が完全消滅(目標のトップ5も同時消滅)し、来季もJ2での戦いが確定しました。そのことはもう覚悟を決めてましたので、正直「やっと来たか」という感じです(それでも札幌史上では最速の残留決定)。
 トップ5の夢は潰えましたが、1つでも上を目指し、来季を見据えた戦いをしてほしいものです。ここにきて移籍、補強の動きがあり、横浜Mからの金子レンタル獲得以降も、大森のC大阪への電撃レンタル移籍、神戸から西嶋の完全移籍での獲得と予想外の展開がありました。大森については私と同い歳の選手だけに札幌から去るのは残念ですが、年齢的にも最後かもしれないJ1での挑戦が成功するよう願ってます。西嶋については公式戦出場も無いようなのでよく分かりませんが、柳下監督のサッカーに憧れて来たとのこと。これまでの蓄積をバネに札幌で花を咲かせて欲しいものです。

 コンサ関連で、こんな記事がありました。
 旭川ユース、25時間自転車走に挑戦

 【旭川】サッカーのコンサドーレ旭川ユースU-15(十五歳以下)の中学一年生十九人が十八日、二百五十キロのコースを自転車で二十五時間かけて徹夜で走るため、旭川をスタートした。
 精神面を鍛えるトレーニングで、三浦雅之監督らの先導で午後一時すぎに出発。深川、留萌、幌加内などを経て、十九日午後二時ごろ、旭川に戻る。
 でこぼこした路面や坂道を走る姿に、伴走の父母らは「心配だけど、ゴール後の成長が楽しみ」と声援を送っていた。

 今年からコンサドーレ札幌は旭川にユースチームを立ち上げています。
 この話題を取り上げたのは、私、昨日午後、深川市内のコンビニで買い物をしたときに、ちょうど耐久走中の旭川ユースの一行に遭遇したからです。選手達は背中の背番号の上に「進藤病院」と入っているユニフォームを着て、飲み物など買って休憩してました。試合帰りなのかなと思いましたが、皆、自転車に荷物を積んで深川中心部方向に走っていったので、サイクリングでもしているのかと不思議に思ったものですが、上記記事で謎が解けました。走行距離250kmですか。自分も中学生の頃、深川-滝川や深川-旭川を自転車で往復したことがありますが、坂はあまり無いですが結構きつかったことを覚えています。きっと旭川ユースの選手達もこの耐久走をバネに成長してしてくれることでしょう。

2004.09.18

プロ野球スト決行中/北海道では

 今日、明日とプロ野球史上初のストライキが行われていますが、北海道の状況をいくつか。と言っても札幌に行っていないのでテレビやラジオなどメディアを通じての話ですが。
 ファイターズの選手達は今日は午前10時から札幌市東区の球団の室内練習場で練習を行ったとのことです。ヒルマン監督はJR札幌駅西コンコースにて14時からサイン会を行うとのこと。HBCラジオで現地から中継が入ってましたが、大勢の人の列が500m位?できて大盛況との話でした。明日も札幌ドームにて監督・選手のサイン会が行われる予定があるようです。
 また、ヒルマン監督は今日、テレビやラジオ出演もこなしており、12時からのuhb「YASUのえき・スタ@NOON」の冒頭に生出演し、広瀬哲朗さんらとトークをしてました。このあとはHBCラジオにも出演される予定です。
 今日のバファローズ戦は「HBCラジオサンクスマッチ」としてプレゼントなどが予定されてました。そのなかでリスナーから募集して始球式が行われることになってましたが、これも取りやめに。しかし、13時過ぎに札幌ドーム前庭から中継があり、選ばれた札幌の小学生の男の子が、HBCアナを相手に変則始球式をして全道に放送されていました。HBCラジオは試合中継が中止になり、スタジオから「緊急トークバトル 日本のプロ野球はどうなる」と題して、ドームに行くはずだった山内要一アナ、川口和久さん、パンチ佐藤さんが出演、リスナーからのメッセージも募集されています。いろいろな話が出てますが、番組の中で川口さんは「首位攻防戦やプレーオフ争いが組まれているため、今日、明日はストは避けられるものと思っていた。日本ハムにとっても正念場であり、試合はやってほしかった。次の週末ならばセリーグのみであり、優勝争いもほぼ決着した消化試合の様相と思われるので、今回ほどの影響はないと思われるが・・・」とコメントしてました。ファイターズファンとしては川口さんの気持ちも十二分に分かりますし、同じ考えの人も少なくないと思われますが、ストが世間にインパクトを与えるにはこの週末が最後のタイミングだったと思います。
 ちなみに、今日の試合をテレビ中継予定だったHTBはサスペンスなどの再放送で穴埋めしています。

2004.09.17

ついにプロ野球スト突入

 今日、球界再編を巡ってのプロ野球選手会と日本プロ野球組織の交渉が決裂し、選手会側はストライキ決行、18,19日両日のプロ野球の試合は中止となりました。
 もともと明日は札幌ドームにファイターズ×バファローズ戦を観戦に行くつもりでしたので、ストの行方は気になっていました。選手会主張のバファローズとブルーウエーブの球団合併の1年間凍結が実現されない状況にある以上、ストは避けられないと踏んでましたので、冷静に受け止めています。私も選手・ファン無視の球団合併、球界再編に反対、12球団1リーグ制を支持してきましたので、今回のスト突入を支持します。
 ライブドアが仙台を本拠地で新規参入を申請、楽天も参入を明言するなど動きが出てきています。球団合併で数を減らすのではなく、数の維持から拡大へ展開して欲しいです。ちょうど参入表明が2球団ありますので、合併ではなくそれぞれ売却してもらい、もはや球団経営にやる気のない近鉄、オリックスはプロ野球から退場してもらった方が良いのではと思いますが・・・
 プロ野球の新陳代謝は必要と考えます。

 *我がファイターズ、エース金村投入もホームラン3発に沈んでバファローズに1-4で敗戦し4位転落、プレーオフ進出に向け痛い1敗となりました。残り4試合、うちホークス戦3試合残してますが、一戦必勝で全力で戦って欲しいです。

2004.09.11

札幌1-0仙台/ドーム不敗神話健在

 サッカーJ2リーグ第33節、コンサドーレ札幌は11日、札幌ドームにてベガルタ仙台と対戦、前半37分に砂川のゴールで札幌が先制、後半の仙台の攻撃をしのぎきって、今季4勝目、ホームゲームでは3月27日の仙台戦以来半年ぶりの2勝目を挙げました。
 久しぶりの札幌ドームでの開催でしたが、私はこの週末は仕事が入ってしまい、自宅にてやむなくCSの生中継で4勝目の瞬間を見ました。前節の大宮戦では前を向けずにシュートできない場面を何度も見て歯がゆい思いをしましたが、今日は前半からシュートを放って仙台ゴールを脅かし続けて、「札幌ドーム男」の本領を発揮した砂川が先制点を挙げました。(→11日付北海道新聞得意のドーム 勝利へ手応え MF砂川

  「札幌ドーム男」の砂川がトップ下で先発しそうだ。今季記録している7アシストのうち、3アシストを札幌ドームの試合で決めており、「勝利につながるゴール、アシストをしたい」と5試合ぶりの白星へ気合を入れている。

 後半に入ると、何としても勝ち点3を奪取したい仙台にボールを支配される場面が増えましたが、藤ヶ谷の度重なるファインセーブもあり、虎の子の1点を守り切っての勝利となりました。
 これで、札幌ドームでの今季成績は2勝4分となり、ドーム不敗神話は健在でした。かつて、ドームでなかなか勝ち星を挙げられずにベンチに盛り塩までしたことがありましたが、そんなことも忘れさせてくれる今季の数少ない明るい話題となってます。第2クール(最後は福岡戦で1-0で勝利)に続き、第3クールも最後は勝利で締められました。次の第4クールでは「コンサドーレ札幌ここに在り」と存在感を示す活躍を期待します。そして厚別で今季の初勝利を何とか挙げてほしいと思います。

2004.09.05

大宮1-0札幌/初めての大宮公園観戦

 先ほど東京から帰ってきました。
 昨日は15:40の能登空港からのANA便で17時に羽田空港に到着。浜松町に出てホテルにチェックインした後、大宮に向かいました。途中、東京は激しい雷雨に見舞われ、事前に天気予報で予想していたとはいえ、大宮の天候も案じていました。19:15に大宮駅に到着し、タクシーで大宮公園サッカー場へ。駅周辺の道路が混雑しており、細い路地に入っていったので、近道なのかよく分からないまま19:25にサッカー場に着きました。着いた途端に雨がポツポツと降り始め、次第に強くなりました(大雨、洪水、雷注意報が出ていたとの場内アナウンスあり)。
 大宮公園サッカー場は初めて来ましたが、古き良き時代の雰囲気を残したスタジアムと感じました。ゴール裏のコンクリートの観客席(立ち見席と化していた)、手で貼り替えるメンバー・主審の掲示板などが印象に残りました。ゴール裏のフェンスが低く、ゴールが近く感じ、比較的選手に近い目線で観戦できた気がします。試合自体は0-1で札幌が敗れましたが、悪条件下での戦いだったからか、ゴール裏からは多くの拍手が出てました。
 試合終了間際に雨が強くなり、ポンチョを着ていたもののずぶ濡れで、人の流れについて大宮駅まで歩きました。途中、大宮のオフィシャルショップがあり、中で昨日の試合の様子をVTRで流していたようでした。次の約束があったため先を急ぎましたが、時間があれば寄ってみたかったです。また、途中の商店街も街灯に大宮応援の垂れ幕、大宮アルディージャ(英字)と書かれた植木のボックス、歩道の排水溝の細い金属板もよく見るとオレンジ色をしており、雨が降っていたのでデジカメには収めませんでしたが、商店街挙げて大宮を応援している雰囲気を感じることができました。機会があれば早い時間から来て観察してみたいところでした。
 今日は神田神保町、秋葉原を歩き、15:55発のJAL便で帰道しました。ただ、帰りの飛行機が機材変更で出発が1時間近く遅れ、搭乗口まで変更となりました。お詫びの意味でJALから500円の金券をもらいました。機材変更のためか、整備場までバスで行き搭乗、普段はあまり見れない機体整備の風景を見ることができました。あと、クラスJを初めて試しましたが、想像以上に快適で、スーパーシート並の座席に1,000円増であれば今後も利用してみたいと思いました。

2004.09.04

能登半島に来ています

 2~5日まで夏休みを取って、能登半島(石川県穴水町)に来ています。
 2日の9時18分のスーパーホワイトアローで深川駅を出発、新千歳空港からANA便で小松空港に到着、小松から和倉温泉まで特急サンダーバードに乗車、和倉温泉から穴水まではのと鉄道に乗ってきました。サンダーバードは金沢までは速かったですが、七尾線に入ってからはガクッとスピードが出なくなりました。
 3日の午前中は穴水からのと鉄道能登線に乗ってきました。ただ時間の都合で穴水-古君まで往復しただけでしたが、地元の人の話によると穴水から先は来年3月で廃止されてしまうとのことで、地元で深名線廃止を経験している者としては寂しく感じました。
 3日午後から今日の午前中までは穴水町で所用を済ませ、今は能登空港に来たところです。これから、15:40発のANA便で羽田空港に行き、その足でさいたま市大宮公園サッカー場にJ2大宮×札幌戦を見に行ってきます。我がコンサドーレ札幌は、横浜Mから金子をレンタルで獲得し、早速、大宮戦で出場が見込まれているとのこと。お土産に勝ち点3を持ち帰ることができればと勝利を願いながら、大宮に向かいます。

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »