2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.31

1/30猛吹雪その後

 昨日午後から今日の午前中にかけての猛吹雪は今年一番のものでした。新聞報道によれば深川の24時間降雪量は33cm。昨日夕方に1度、家の周りを除雪しましたが、朝起きるとたくさん降り積もってました。市内の小中学校は全校臨時休校となりました。
 この猛吹雪により、JR函館線の運転見合わせの影響で札幌-旭川間で2,800人が車中泊を余儀なくされたそうです。札幌-旭川間で車中泊というのは私の記憶にはなかったのですが、それほど今回の猛吹雪がすごかったということですね。
  →道内暴風雪 2800人車中泊 交通機関乱れ続く
 ちなみに今は吹雪もおさまり静かになっています。

2005.01.30

深川はただいま吹雪です

 今日の深川は午前中は青空の広がる良い天気でしたが、午後からは一転して強い風が吹いて吹雪になっています。吹雪の様子を撮影しに外に出ましたが、帰ってくるのに雪まみれになって一苦労でした。

127_2731s 127_2733s 
▲午前中に撮影した市内の花園公園の様子。青空が垣間見えます。 ▲午後の市内某所。吹雪で周りがよく見えません。

 また、今日ガリッとのホームページの表紙写真を更新しました。さらに深川市のホームページにあるふかがわ氷雪まつり会場の花園公園のライブカメラへのリンクを張りました。

2005.01.29

コンサドーレとファイターズの日程を並べてみると

 両チームの今年の日程が出そろったので、昨年に引き続いて2005ファイターズ・コンサドーレ統合日程表を作ってみました。作っていて気の付いたことを書いておきます。
<札幌での同時開催>
 5/14(土) ファイターズ×ベイスターズ 札幌ドーム 13:00
       札幌×水戸 札幌厚別 14:00
 5/28(土) ファイターズ×スワローズ 札幌円山 13:00
       札幌×草津 札幌厚別 13:00
 8/13(土) ファイターズ×ホークス 札幌ドーム 13:00
       札幌×仙台(会場等未定)
 9/10(土) ファイターズ×バファローズ 札幌ドーム 13:00
       札幌×鳥栖(会場等未定)
 9/18(日) ファイターズ×イーグルス 札幌ドーム 13:00
       札幌×福岡(会場等未定)

 コンサドーレの札幌開催は20試合予定されていますが、うち1/4にあたる5試合がファイターズ戦と同時開催になりそうです。5/28の唯一の円山球場開催も厚別の草津戦とぶつかっています。1回でも時間をずらして開催する発想があっても良いのではと思います。いつかドームと厚別をはしご観戦できる日は来るのでしょうか?

<アウェイ遠征時のはしご観戦候補>
 5/20(金)~22(日)ジャイアンツ×ファイターズ 東京ドーム 18:00(22日は17:00開始)
 5/21(土)湘南×札幌 平塚 14:00

 9/2(金)~4(日)マリーンズ×ファイターズ 千葉マリン 2日18:15(3,4日13:00開始)
 9/4(日)甲府×札幌(会場等未定)

 9/23(金・祝)~26(日)バファローズ×ファイターズ 大阪ドーム 13:00(23日神戸18:00)
 9/24(土)京都×札幌(会場等未定)

 コンサドーレがアウェイの時はファイターズはホームのパターンが多いですが、調べてみますとアウェイに遠征した際に観戦できそうなファイターズ戦は3パターンありました。関心のある方はチャレンジしてはいかがでしょうか。

2005.01.28

コンサドーレ札幌2005日程

 今日、2005年のJリーグの日程が発表されました。そのうちJ2・コンサドーレ札幌関係日程・テレビ中継予定をまとめてみました。

     日付    カード  場所   開始  道内局 備考(CS/道外局)
第1節 3/05 甲府 -札幌 小瀬   14:00      山梨YBS/CS
第2節 3/13 札幌 -鳥栖 札幌ド  13:00 NHK  CS(録)
第3節 3/19 草津 -札幌 群馬サ  14:00      CS
第4節 3/26 札幌 -仙台 札幌ド  14:00      CS
第5節 4/03 水戸 -札幌 笠松   14:00      NHK水戸/CS(録)
第6節 4/09 札幌 -湘南 札幌ド  14:00 STV CS(録)
第7節 4/16 京都 -札幌 鴨池   14:00      KBS京都(録)/CS
第8節 4/23 札幌 -福岡 札幌ド  13:00 HBC  CS
第9節 4/30 徳島 -札幌 鳴門   14:00      CS(録)
第10節 5/04 札幌 -横浜FC札幌ド  14:00 HTB CS
第11節 5/07 山形 -札幌 山形県  14:00      CS
第12節 5/14 札幌 -水戸 札幌厚別 14:00 uhb  CS(録)
第13節 5/21 湘南 -札幌 平塚   14:00      CS(録)
第14節 5/28 札幌 -草津 札幌厚別 13:00 TVh  CS
第15節 6/04 仙台 -札幌 仙台   14:00      宮城MMT/CS
第16節 6/11 札幌 -徳島 札幌ド  14:00      CS(録)
第17節 6/18 福岡 -札幌 博多球  14:00      CS
第18節 6/25 横浜FC-札幌 日産ス  14:00      CS
第19節 7/02 札幌 -山形 札幌厚別 14:00      CS
第20節 7/09 札幌 -甲府 札幌厚別 13:00      CS
第21節 7/13 鳥栖 -札幌 鳥栖   19:00      CS(録)
第22節 7/16 札幌 -京都 室蘭   13:00      CS
<第23節以降>
第23節 7/30 徳島 -札幌   第34節 10/01 札幌 -徳島
第24節 8/03 札幌 -横浜FC 第35節 10/05 横浜FC-札幌
第25節 8/06 草津 -札幌   第36節 10/15 湘南 -札幌
第26節 8/13 札幌 -仙台   第37節 10/22 札幌 -山形
第27節 8/20 山形 -札幌   第38節 10/29 仙台 -札幌
第28節 8/26 水戸 -札幌   第39節 11/06 札幌 -水戸
第29節 8/31 札幌 -湘南   第40節 11/13 福岡 -札幌
第30節 9/04 甲府 -札幌   第41節 11/19 札幌 -京都
第31節 9/10 札幌 -鳥栖   第42節 11/23 札幌 -甲府
第32節 9/18 札幌 -福岡   第43節 11/26 鳥栖 -札幌
第33節 9/24 京都 -札幌   第44節 12/03 札幌 -草津

 昨シーズンのJ2リーグ戦は小瀬での甲府戦で終わりましたが、今シーズンも小瀬の甲府戦から始まります。ホーム開幕戦は3月13日の鳥栖戦(札幌ドーム)で元札幌のビジュや新居がいきなり札幌ドーム凱旋?となりそうです。今季は札幌ドーム開催が12試合予定されており、第1~2クールで6試合、厚別開催は4試合(開幕は5月14日水戸戦)、室蘭開催はいつもの4月ではなく7月16日京都戦となりました。函館開催はシーズン後半のようです。ただ残念なのは5月30日の草津戦(厚別)が、札幌円山球場のファイターズ×スワローズ戦とぶつかってしまったことです。どちらを見に行くか迷います。

 アウェイ戦では新規参入の草津戦が3月19日、8月6日、徳島戦が4月30日、7月30日に組まれています。あとアウェイ京都戦が4月16日に鹿児島鴨池で開催されます。

 昨シーズンはJ2最下位に沈みましたが、天皇杯ではベスト8入りしたコンサドーレ札幌。柳下監督のもと「アクション&ムービング」サッカーでトップ5入り、J1昇格へ挑戦する戦いに注目していきたいと思います。今年も札幌ドーム、札幌厚別公園競技場の試合を中心に各地で生観戦したいと思います。

2005.01.26

1/28放送「まさかのミステリー」に深川市登場

 今日の深川市は最低気温が-24度(午前4時のアメダス実測値)と厳しい冷え込みでした。

 さて、毎週金曜日20時から日本テレビ系列局で「まさかのミステリー」という番組が放送されていますが、来る1月28日(金)の放送で深川市が登場します。

STVのサイトより)
20:00~ 謎を解け!まさかのミステリー 
北海道深川市!縄文遺跡に秘められたミステリ!!当地を旅行中の夫婦が、町のあちこちに点在し奇妙な方向を照らす、正体不明の明かりを見つけた。…一体なぜ!?

 深川市の何が登場するかはお楽しみです。ぜひ放送をご覧下さい。

2005.01.18

平成17年お年玉年賀はがき当選番号

 左下に「さすらいペット旅情編2」でガリッとくんをおいてますが、そのカウンターが5000アクセスを超えるくらいの勢いで増えており、アクセス解析で調べてみると「お年玉年賀はがき当選番号」で検索をかけた方が多数来ていることが判明しました。昨年、番号を記事に書きましたので、今年も取り急ぎ書きます。ちなみに私はまだ番号を調べてません。みなさんはいかがでしたか?

当せん番号(A・B組共通)
1等 1 2 0 7 6 7
    4 7 0 8 7 3
2等  下5ケタ 4 0 1 3 5
3等  下4ケタ  4 9 7 0
          8 1 6 5
4等  下2ケタ 1 6 
          3 4
         6 4

賞品など詳細は日本郵政公社のサイト:平成17年用「お年玉付郵便葉書」及び「寄附金付お年玉付年賀切手」の当せん番号をご覧下さい。(番号もリンク先で再度確認下さい)

2005.01.17

新ユニフォームを予約しました

 昨日は札幌で所用がありましたので、新年最初の初詣ということで、丸井今井南館のシースペースに行ってきました。目的は11日に発表されたコンサドーレ札幌新ユニフォームのレプリカユニのファンクラブ先行予約。電話予約も可能なのでそれで済ますこともできるが、札幌に行くついでがあったので対面販売で予約してきました。
 新ユニフォームは前面は赤一色で、赤黒の縦縞は背中に移りました。最初見たときは、なんとなく昨シーズンまで?の練習ユニフォームを連想しましたが、オフィシャルサイトの先行予約のお知らせの一文「柳下コンサドーレ勝負の年を開幕から選手と同じユニフォームで共に戦いましょう!」に刺激されて予約を決意。ナンバープリントは「12」にしました。
 『05~06デザイン レプリカユニフォーム ファンクラブ先行予約』について、によるとナンバープリント無しは2月26日、ナンバープリント有りは3月11日の引き渡し予定で、ナンバープリントを頼んでもホーム開幕戦(3月12日?)には間に合う趣向のようです。

2005.01.16

FW斉川電撃退団/コンサドーレ札幌キャンプイン

 コンサドーレ札幌が昨日(1月15日)から、静岡にてキャンプインしました。静岡の第1次キャンプではフィジカルトレーニングを中心に行うとのことです。新聞記事によると、「昨年1年間をかけて勝ち抜くための土台づくりをしただけに、今季は高いレベルでチームが始動した。同監督は「明らかに去年の当初とは違う。声によって(周囲の選手)のポジションを動かそうとしている」と変化を口にしている。 」(道新記事)と雰囲気は良いようです。
 静岡キャンプ初日いきなりフル回転
 再起へイレブン始動 静岡 体づくり重点に合宿

 そんな中、昨日発表されたのがFW斉川の電撃退団。昨年の和波の神戸への電撃レンタル移籍のように、今年こそは背番号決定直後の選手の退団は無いものと思ってましたが・・・
 FW斉川、電撃退団
 「学業に専念」 斉川が退団
 道新によると斉川は教員を目指しているとのこと。現在、北海学園大経営学部2部に通っており、自分の経験からいえば学部と教職課程との両立自体も大変で、サッカー選手との二足のわらじは想像以上に大変だったのかなと思いました。一方でもったいないなぁという気持ちもありますね。昨シーズンは高校3年の時に大けがをして、そのリハビリの期間もありましたので、満足なシーズンを過ごせなかったと思いますが、今年1年に賭けてみても良かったのではないかと。
 とにかく斉川の意志を尊重したいと思います。コンサドーレでの経験を糧に、次の道を目指して頑張って歩んで欲しいです。

2005.01.10

「楽天・ベガルタ協奏曲」に思う/コンサドーレとファイターズの関係

 毎日新聞の宮城県版のサイトに年明けから「楽天・ベガルタ協奏曲」という連載記事が出ています。仙台における東北楽天ゴールデンイーグルスとベガルタ仙台の関係を探る内容で、記事を読むとJリーグとプロ野球「併存」の先行例として札幌が取り上げられており、有識者やフロントへのインタビューなど興味深く読みました。

 楽天・ベガルタ協奏曲:/1 第1楽章・衝撃 /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:日本サッカー協会会長・川淵三郎氏に聞く/上 /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:日本サッカー協会会長・川淵三郎氏に聞く/下 /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:/2 第2楽章・苦悩 /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:/3 第3楽章・厚い壁 /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:/4上 第4楽章・共生への道 /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:番外編/上 江戸川大助教授・小林至さんに聞く /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:番外編/中 東北大教授・村松淳司さんに聞く /宮城
 楽天・ベガルタ協奏曲:番外編/下 名川良隆さん・島田亨さんに聞く /宮城

 記事によるとベガルタ仙台は東北楽天との連携には消極的とのことでした。ベガルタの球団社長の名川氏は記事で「いい意味でのライバル関係が維持できればと思いますね。もたれ合うのはだめ。それぞれにファンがいて、永続的に球団経営が維持できる関係が一番いい」と述べています。一方、東北楽天の球団社長の島田氏は記事で「脅威ではなく、地域密着という意味でのいいお手本。いろんなことを教えていただきながらやっていきたいと思ってるんです」、「イベントを共催したりして、地元の人々に『サッカーと野球のどっちを応援するんだ』じゃなくて、『どっちも応援しようよ』と(思ってもらえるようにする)。それぞれ魅力的なエンターテインメントだと思うし、そういう空気を作るため、ベガルタさんとぜひ一緒にやっていきたい」と述べていました。

 記事ではJリーグとプロ野球の「併存」都市の例として札幌と広島が取り上げられていました。Jリーグが先に来ていた点では、札幌が格好の比較対象になりますが、仙台市の藤井市長が記事で「長男坊(ベガルタ)がしっかりした関係を作って盛り上げてほしい。(プロ野球とサッカーとがぎくしゃくする)札幌さんと同じような轍(てつ)は踏まないようにしないと」と述べていることに象徴されるように、記事ではコンサドーレ札幌と北海道日本ハムファイターズの関係は良くないという論調が支配的でした。

 札幌の場合は両球団が同じ札幌ドームを本拠地とし、球団事務所も同じ建物内という連携するには、ある意味理想的?な環境にありながら、目立った連携は生まれていないように思います。ファイターズの場合は札幌移転前にコンサドーレの試合を視察したり、コンサドールズがファイターズガールとファイターズ戦で共演したことはありましたが、移転後はそういう動きも少なかったように思います。意外だったのは両者がドームと厚別で同じ時間帯に試合をしたこともありました(5月のGWと8月の平日夜で無理な時期ではありましたが)。今年はあるかどうか分かりませんが、両者とも同じ日に札幌で試合するときにデーゲーム・ナイター(ドーム・厚別・円山の使い分け)とはしご観戦できるように試みることがあっても良いのでは、と素人ながら考えます(選手のコンディションづくりの問題は残るでしょうが)。記事ではチケット半券を利用した割引のアイディアが出ていました。

 札幌のファン・サポーターの交流面では「ファイターズ応援作戦会議」の取り組みが取り上げられていましたが、コンサドーレ側の反応は鈍いと書かれていました。応援作戦会議の代表の方は、ファイターズの法被を着てコンサドーレの応援にまで行ったそうですが、両球団の間の厚い壁を感じられずにはいられなかったとのこと。Jリーグと比べて、プロ野球はチーム名に企業名が入っており、企業の宣伝の色彩があること、試合時間が長いことといった負のイメージがあることが、コンササポに抵抗感を生んでいるのではと思います(もともと野球に関心が無い層の存在も)。

 記事では札幌ではファイターズの移転によりコンサドーレの観客動員が前年比3割減の打撃を受けたと書いていますが、ファイターズ移転は原因の一つであって、必ずしも全てではないと思います。ファイターズは新庄を筆頭にした選手の努力やプレーオフ進出などの活躍があった一方、コンサドーレはJ2リーグ戦最下位でホームで3勝に止まったように魅力的な試合を見せることができなかったという好不調の波が重なったことも大きかったと思います。勝ち試合を見せれば観客はやはり集まりますし、コンサの場合、最下位が決まったホーム最終戦(11月23日の大宮戦@札幌ドーム)に今季最高の約2万人の観客動員があったことは、コンサドーレの観客動員力がまだまだ衰えていないことを示しています。コンサドーレにとってファイターズの存在は決してマイナスではなく、地域密着の努力を競い合い、時には連携する好敵手の関係が理想と思います。

 Jリーグとプロ野球の「共存」の在り方として、冒頭に引用した仙台2球団社長のスタンスで、私はベガルタ名川氏の考えも理解できますが、楽天の島田氏の考えにも共感を覚えました。コアなサポーターを両方コアにするのは難しいと思いますが、ライトなファンをサッカー・野球両方のファンにしていくことは可能と思います。そう仕向けるために両球団が地域密着の努力を競い合い、時には連携して、どう仕掛けていくのか。両球団の取り組みはスポーツへの関心を喚起し、さらなるスポーツ観戦の裾野を広げていくことにつながると思います。両者の「共存」の究極の目標はそこになるでしょう。これからの仙台2球団そして地元・札幌2球団の動きに注目したいと思います。

*参考blog記事
ある新聞の記事。日本ハムとコンサドーレの競合で儲かるのはどこ?
野球は野球、サッカーはサッカー
コンサドーレ札幌と、日本ハムファイターズ。
他人事ではないベガルタ・楽天協奏曲
Jリーグとプロ野球の共存
楽天・ベガルタ協奏曲
楽天・ベガルタ協奏曲
ベガルタ、イーグルスの共生は?
日本ハムのスポーツに対する姿勢

2005.01.08

新春年賀状展

 JR深川駅横にあるアートホール東州館(深川市経済センター2階)入口横の壁の市民ギャラリーで「新春年賀状展」が行われています。同館宛に届いた主に絵画系の年賀状が展示されており、1月16日まで開催されています。今日、外出した時に見てきましたので、その一部を紹介します。

127_2720s 127_2724s
127_2721s 127_2723s
127_2725s 127_2726s

HBCラジオで「グループ対抗ラジオコンテスト」開催

 HBCのサイトを何気なく見てましたら、道民参加のラジオ番組コンテストが行われるとの情報の掲載がありました。題して「あなたが主役!~グループ対抗ラジオ・コンテスト2005~」
HBCのサイトより

北海道の民放ラジオのパイオニアとして半世紀以上にわたって、全道に毎日番組をお届けしているHBCラジオが、北海道にお住まいのみなさんにもっともっとひらかれたラジオを目指し、2005年の春に、道民参加の新しいラジオコンテストを企画しました。
 ラジオ番組を作ってみたい、出てみたいというグループを全道から公募します。そのグループに、実際にラジオ番組を制作してもらい、その番組をHBCラジオでオンエアー、さらにラジオをお聞きの皆さんからの「もう一度聞きたい番組」にインターネットで投票してもらい、ナンバーワンを決定します。見事、ナンバーワンになった番組を作ったグループには、賞金30万円をプレゼントします。

 ラジオ番組を作ってみたいグループ単位での応募が条件のようです。応募は1月31日(土)必着。晴れて制作された番組は3月14日(月)~18日(金)の21時~22時に放送されます。
 最近はテレビでの映像コンテストが主流のように感じますが、こういう形式のコンテストは珍しいと思います。
 果たしてどんな番組が出てくるのでしょうか。

2005.01.06

去る人あり来る人あり/コンサドーレ札幌選手移籍情報

 年が明けてJリーグチームも仕事始めとなり、オフシーズンの選手の移籍発表が活発になってきました。コンサドーレ札幌もこの2日間で大きな動きがありました。
 まず、時間を昨年に戻しますと・・・
 11月24日発表:鹿屋体育大学からMF徐入団内定
 12月3日発表:札幌U-18からFW石井MF野田トップ昇格内定
 12月8日発表:広島からFW中山完全移籍
 12月9日発表:水戸へMF吉瀬レンタル移籍
 12月22日発表:鹿島からDF池内完全移籍
 12月24日発表:磐田からGK高原、DF加賀レンタル移籍
 12月28日発表:横浜FMからレンタル移籍中のMF金子の完全移籍
 このほか、DF大森(C大阪へ期限付き移籍中)、佐藤尽、鎌田、河端、MF尾崎、市村が戦力外、移籍リスト掲載となりました。

 そして、昨年末から移籍が取り沙汰され注目されていたGK藤ヶ谷がG大阪へ完全移籍することが決定しました。守護神の移籍に抜けた穴はどうするのかと思いましたら、今日になって広島からGK林の完全移籍を発表、予想以上の素早い動きに驚きました。また柏からレンタル移籍中のMF砂川の完全移籍も決まりました。
 藤ヶ谷については今日の新聞記事によると記者会見では時折目頭を押さえていたとのことで、かなり悩んだ様子がうかがえました。最新の月刊コンサドーレ12月号には藤ヶ谷へのインタビュー記事が掲載されており、「このチームでJ1に上がりたい」(12月2日取材)と述べていましたので、この移籍は意外でした。移籍が決まった以上、新天地でのレギュラー奪取を目指して奮闘することを願って送り出したいと思います。
 林については、札幌的には2002年最終節の広島戦でGK下田の負傷退場に途中出場、勢いよく飛び出して相川の胸に膝蹴りが入ってしまったというシーンが印象に残っています。その時にはカードも出なかったので札幌サポでは物議を醸しましたが、縁があったのか今回完全移籍となりました。本当に何の前触れもなかったのでびっくりしましたが、心から歓迎します。札幌の守護神としての活躍を願っています。

深川出身芥川賞作家誕生なるか?/候補作発表

 今日、第132回芥川賞、直木賞の候補作(各7作)が発表され、芥川賞候補に深川市出身の石黒達昌(たつあき)さんの作品「目をとじるまでの短かい間」(文学界十二月号)がノミネートされました。北海道新聞の記事によると石黒さんは芥川賞には3回目のノミネートとのこと。石黒さんは小学校6年生まで深川で過ごし、札幌、東京と移り住み、現在は東大付属病院の外科医をされているそうです。
 過去2回受賞を逃していますが、果たして3度目の正直で芥川賞受賞なるのでしょうか?注目の最終審査は13日17時から東京都内で行われます。深川出身の芥川賞作家誕生に期待がかかります。
 石黒さん(深川出身)芥川賞候補に 伊藤整文学賞の阿部さんも(北海道新聞HP)
 第132回芥川賞候補作品一覧・候補者略歴(文藝春秋HP)

2005.01.04

本blogは1周年を迎えました

 今日は1月4日。私にとっては今日からが仕事始めでした。昨年まで勤務先の正月休みが12月31日~1月5日でしたが、今年から12月29日~1月3日までと2日間ずれました。日数は同じ6日間ですが年明けの休みが3日間となったので何だか短い感じがしました。
 昨年1月4日に本blog「深川からのひとり言」、ホームページ「ガリッとのホームページ」を開設してから今日でちょうど1周年を迎えました。この記事で198本目になります。1年で200本まではいきませんでしたが、ここまで書き続けることができたのも訪れてくれる皆さんのおかげです。ありがとうございました。
 さて、1周年を機に少しリニューアルをしました。
  1.テンプレートの色を変えました。「タイプパッド風」から「パール」にしてみました。
  2.右側のリンク等の配置を見直し、blogに加えて各種ホームページへのリンクを作り、順番をリンク→コンサドーレ札幌系blog記事リストに変更しました。リンクについてはカテゴリー別には分けてませんが、(1)応援するプロスポーツチームの公式サイト、(2)北海道本拠の新聞社・テレビ・ラジオ局、(3)深川市、(4)友人のサイトの順番に並べています。多くなればさらにカテゴリー別に整理したいと思います。
 今年も私なりに感じたことを深川から発信していきますので、本blogをよろしくお願いいたします。

2005.01.03

ガリッとくん/さすらいペット旅情編2を設置しました

 blogに置くペットがいくつかありますが、今まで置いたこともなかったので、面白そうなペットを1つ選んで置いてみました。今回選んだのはさすらいペット旅情編2で、あちこちを旅してくるペットです。早速、近くへ旅に出したところ、札幌大通公園を目指して飛んでいきました。深川から片道約110kmの旅です。
 無事に帰ってくるのでしょうか?

正月三が日も終わり/ホームページを更新

 今日で正月三が日も終わりですね。ホームページ本館「ガリッとのホームページ」も半年間表紙すら更新出来ていませんでしたが、地元の深川神社に初詣に行った際に撮影した神社の様子を今年最初の表紙写真にしました。
 今年のおみくじは「大吉」でした。久しぶりの大吉でしたので何か良いことがあれば・・・と思っています。
 私の正月休みも今日までで明日から仕事です。

2005.01.01

ニューイヤー駅伝・箱根駅伝/深川市で合宿したチーム出場

 私が住む深川市は陸上競技(主に長距離)チームの合宿が多く行われています。正月のニューイヤー駅伝・箱根駅伝に深川で合宿したチームが多数出場します。深川合宿勢の健闘を願ってます。

【今年深川市で合宿したチーム】

ニューイヤー駅伝1月1日(土)開催
 コニカミノルタ トヨタ自動車 トヨタ紡織(旧アラコ) スズキ 佐川急便グループ 愛三工業 JR東日本

箱根駅伝1月2日(日)~1月3日(月)開催
 神奈川大学 日本大学 大東文化大学 早稲田大学 城西大学 拓殖大学 明治大学

謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。
 今年もコンサドーレやファイターズ、深川や北海道の話題を中心に私なりの視点で書きつづって行きたいと思いますので、たびたび訪れていただければ幸いです。今年もよろしくお願いいたします。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »