2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« J2第32節 札幌×福岡戦 | トップページ | ファイターズ3-5ライオンズ/プレーオフの夢潰える »

2005.09.19

劇団イナダ組公演「the end of the world」(ネタバレ注意)

 今日は劇団イナダ組公演「the end of the world」を見に滝川に行ってきました。なお、公演内容を含んでますのでネタバレ注意とします。

144_4418s
 会場のたきかわホールは152席(最大200席)のこじんまりとしたホールでした。ホールがある建物は元西友滝川店でしたが、昨年の閉店に伴い滝川市が建物を取得し、市街地再開発ビルとして様々なテナントが入居していました。ホール自体は西友時代からあった気がしますが、閉店を機に昨年リニューアルされ、NPO法人が運営する「公設民営」のホールになったようです。

 今回の公演を見に行った動機は、過日の道新に公演のことが出ており、テーマは「30代の現実」とのことで、30歳に到達した身としては見ておいた方が良いと思ったからでした。イナダ組公演を見たのは初めてでしたが、来場者の8割が若い女性で男性は少なく、少し場違いか?と思うほどでした。

 劇の設定はカラオケボックスに友人の結婚式の余興を考えようと仲間が集まる。仲間たちは、できちゃった婚で妻に頭が上がらず、同居の親との関係に悩む者、長年の付き合いが煮え切らない2人、若い学生との不倫による離婚調停を抱える者、14歳年下の妻と今ひとつの関係にある者といった問題を抱えている。それにまつわる思いがカラオケボックスの中で次第に明らかにされていく。

 前半はドタバタした感じで展開され、後半は仲間たちの気持ちが真剣な演技でぶつかり合っていました。会場が舞台と観客との距離が近かったのでよく感じました。

 舞台を見て印象に残ったのは、離婚調停を抱えていた女性にまつわる話で、共働きでお互いの仕事・生活に干渉せずに生活することを是としてきたが、そんな中で妻が妊娠するも日々の多忙な生活で流産してしまう。その時に夫に冷たくあしらわれてしまい失望する中、知り合った若い学生に子どもにつけようとしていた名前を話し、「いい名前だね」と自分が夫に言われたかったことを言われて、その学生がすっと彼女の気持ちの中に入ってきて不倫関係になってしまったという話でした。

 その話を聞いて、相手のことを思いやることの大切さを改めて感じたものでした。いつの日もそうでありたいと思いました。

 公演後は出演者とイナダ氏によるアフタートークが行われ、観衆から、舞台裏から台詞を早く覚えるコツまで、いろんな質問が出てました。

 *この公演の道内地方公演は滝川が最後ですが、来週末の9月29・30日(19時半開演)、10月1日(12時、16時の2回開演)に札幌市西区琴似(地下鉄東西線琴似駅地下2階)のターミナルプラザことにPatosで公演が行われます。詳しくは劇団イナダ組のサイトで確認してください。

« J2第32節 札幌×福岡戦 | トップページ | ファイターズ3-5ライオンズ/プレーオフの夢潰える »

コメント

楽天で日記やってる、白衣のカアチャンです。
選挙の時にコメントをいただいていたので、同じ選挙区かしら?と思ってましたが、やっぱりそうだったのですね。
もしかして、ニフティのフォーラムFS40で光組に出没してませんでしたか?
私のハンドルネームは、メールアドレスのなかに隠れていますよ。
こんなところで再会するとは。。。ですね!
そうそう、今日の滝川公演は知ってましたよ。
滝川も近いんですけど、小平の方が近かったのでそっちに行ってきました。
また、遊びに来てください!

 白衣のカアチャンさん、コメントありがとうございました。

>選挙の時にコメントをいただいていたので、同
>じ選挙区かしら?と思ってましたが、やっぱり
>そうだったのですね。

 郵政民営化について意見が同じだったのと、同じ選挙区の方にコメントしたいと思い書かせてもらいました。今の区割りで2回目の選挙となりましたが、白衣のカアチャンさんの地元から見ると、最初の時は馴染みの無い候補者ばかりで戸惑いとかありませんでしたか?

>もしかして、ニフティのフォーラムFS40で光組
>に出没してませんでしたか?

 メールアドレス見て思い出しました。懐かしいですね。ただ私は年代で言えばS50年代ですので、FS40よりはFHOKUTOの方で発言していました。そちらの方でお目にかかっていたと思います。
 NIFTYもパソコン通信が終わってしまい寂しいものです。私がよく出入りしていた会議室はmixiに場所を移して、今でも活発に動いています。

 公演見に行く前に小平公演のことを書かれていたのを見て、滝川公演に行く予定をしてましたので、自分のblogからトラックバックしようと心に決めてました。

> また、遊びに来てください!

 もちろん見に行きます。こちらの方もたまに見ていただければ幸いです。

 それでは失礼します。

イナダ組のお芝居はDVDでしか見たことありません。
今までにカメヤとかライナスとか5作見ましたが、生の舞台を見て見たいなぁと思っています。
ただ、DVDで客席が映っているところを見ると女性ばかりなので気が引けています。男性には受けにくいテーマなのでしょうかね。

 カプラさん、コメントありがとうございました。お返事が遅くなってごめんなさい。

 イナダ組の公演は私も今回初めて見ましたが、女性がたくさんいる中に男性が入っていくのは、ちょっと勇気がいりますよね。お芝居はDVDよりも生が一番だと思いますので、思い切って足を運ばれてはいかがでしょうか。今回も全く男性が居なかったわけでもありませんので。

 最後にこれからも本blogをご覧いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11916/6023225

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団イナダ組公演「the end of the world」(ネタバレ注意):

» 劇団イナダ組を観てきた(ネタばれあり) [子どもと楽しむつれづれほーむぺーじ(兼白衣のカアチャンのつぶ...]
**ivh****30代って…**昨日、劇団イナダ組を観てきました。うちで購読している新聞に、ちょうどこの公演のことが出ていて、近くまで来るなら是非とのことで…子供達はパパにお願いして、見にいってきました。ちょうどわたしも30過ぎて、同じ年頃の人たちが題材になって...... [続きを読む]

« J2第32節 札幌×福岡戦 | トップページ | ファイターズ3-5ライオンズ/プレーオフの夢潰える »