2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

コンサ今季アウェイ最終戦を完封勝利で飾る/九州旅行記1

 11月26日~28日まで鳥栖×札幌戦観戦のため、九州に出かけていました。これから何回かに分けて道中記を書いていきます。

 前日の25日の夜に深川から札幌まで移動、札幌駅北口近くのホテルに前泊し、翌26日の6時35分発快速エアポートの始発で九州へ向け出発しました。始発のエアポートは初めて乗りましたが、立ち客が出るほどの満員でした。

153_5304s
 新千歳空港に到着し、お土産屋さんで道外へ出かける時に必ず抱えていく「白い恋人」と今回は翌日に会う友人が食べたことのない「ジンギスカンキャラメル」ほか珍キャラメルを買い込んで、7時50分発のJAL1000便で羽田空港へ出発しました。同じ搭乗口での乗り継ぎで、新千歳から来たB777がそのまま福岡まで行く形でした。羽田空港で10時30分福岡行JAL1713便に乗り継ぎ、定刻通り12時25分に福岡空港に到着しました。

 直ちに地下鉄で博多へ向かい、12時51分発のL特急有明で鳥栖へ。13時12分に鳥栖駅に到着し、跨線橋を渡って鳥栖スタジアムには13時20分頃に到着。スタジアムの横では別なイベントも開催されており、鳥栖にとっ153_5315s
153_5311s
ては今季ホーム最終戦ということで、これまでの戦いの軌跡を追った佐賀新聞の紙面が掲示されたり、マスコットのウィントスの似顔絵コンテスト、フェイスペイントが行われていました。

 札幌側ゴール裏に座って、鳥栖駅で買ってきた焼売弁当を開けたところで、前半24分に砂川の先制点が入り、「ちょうど間に合って良かった」とホッとしました。31分には池内が2点目を入れて2-0で前半を終了。後半も鳥栖に攻められる場面もあった一方、惜しいチャンスがありましたが、双方とも得点の動きはなく、2-0で第4クー153_5336s
ル初戦・徳島戦以来の完封勝利を挙げました。

 試合終了後はゴール裏に来た選手達にコールするなど、いつもの勝利後の感じでしたが、いつの間にか地元のNHK佐賀中継向けに松本監督がインタビューを受けているのがスタジアムにも流れていました。その後、鳥栖のホーム最終戦セレモニーが始まり、社長や監督の挨拶の他、選手の表彰がありました。その中でサポーターが選んだMIPに新居が選ばれたところで、札幌ゴール裏の一部からブーイングや野次が飛ぶました。それから少し経って、怒った鳥栖サポが札幌ゴール裏に突進してきて、険悪な雰囲気になりました。すぐに警備員が駆けつけて事なきを得ましたが、後味の悪い試合後になってしまいました。

 試合後の柳下監督のコメントに「今日は個人を批判する横断幕が出ていたことが非常に残念。札幌のサポーターは本当にすばらしいサポーターだが、あのような個人を中傷する断幕がでてしまったことは残念だ。」とありました。私は現物を確認していなかったので、横断幕の件は後で知りました。私は新居の表彰など鳥栖のセレモニーは黙って見守ってました。新居の件は札幌サポの間でもいろいろあると思いますが、少なくても今年、鳥栖で活躍した事実は尊重した方が良いと感じました。札幌のセレモニーで相手サポからブーイングを受けたら、私たちはどう思うのか。それを考えれば、反省すべきことは明白と思います。柳下監督がサポーターの悪い点もきちんと指摘されたことも良かったと思いました。

 鳥栖スタジアムは昨年5月以来4度目の訪問となりましたが、今年は運営会社も変わったこともあって、雰囲気が良くなったと感じました。スポンサーの看板も以前はほんの数枚で、売店も寂しい限りでしたが、今回は看板もたくさん増え、売店も福祉系の出店など数が増えてました。翌日の佐賀新聞には観客動員も増えたとのこと(26日の観客動員は8,107人)で、少しづつでも良い方向に向かっていると感じました。

153_5363s
 スタジアムの外では、ハーフタイムにパフォーマンスを見せていたグループが引き続きパフォーマンスを見せていました。隣のサンメッセ鳥栖前の広場では「フレンズスタジアム2005」という商工会議所青年部主催と思われるイベントが行われており、屋台やヤフーBB、九州電力などの企業ブース、フリーマーケットが出てました。ちょうど駅に向かって歩いていると、ステージでは「人前結婚式」をやってましたので、しばし見物してきました。

 この日は福岡市内のホテルが満室状態だったため、鳥栖市内に宿泊。そのホテルの入り口には、最近の耐震強度偽装問題から、「当ホテルは安全です」という旨の看板が出てました。全く関係のない業者の施工であるが、第三者にも点検してもらっているとのこと。

 夕方からは博多に出て、札幌の今季アウェイ最終戦ということで「炎会」が催されましたので、参加してきました。博多駅近くの居酒屋を貸し切って50人ほどが集まりました。九州では貴重なサッポロビールが出るお店でした。私が座ったテーブルには札幌からの方が多かったですが、地元福岡の方も参加されており、有益な情報交換・交流を図ることができました。ほとんど名前も知らない方ばかりでしたが、楽しませてもらいました。参加された皆様お疲れ様でした。

 「炎会」の後は、博多駅から快速電車で鳥栖のホテルに戻りました。

2005.11.24

札幌2-4甲府/悪夢のロスタイムでJ1昇格の夢潰える

 コンサblog更新しました。23日の甲府戦の感想です。

 札幌2-4甲府/悪夢のロスタイムでJ1昇格の夢潰える

2005.11.19

札幌3-3京都/首の皮1枚つながった

 コンサblogを更新しました。今日の京都戦の感想です。

  札幌3-3京都/首の皮1枚つながった

深川橋88年の歴史写真展

152_5249s
 石狩川に架かる深川橋が開通してから88年の米寿を迎えたのを記念して、深川市中央公民館で「深川橋88年の歴史写真展」が開催されています。展示会場に置いてあった資料によりますと、最初の深川橋が開通したのは1917(大正6)年で、当時は船を並べてその上に板を通した「船橋」と呼ばれるタイプのものでした。2代目の橋は1931(昭和6)年に開通し、1962(昭和37年)に3代目(現在)の橋に架け替えられました。

 写真展ではこれまでの深川橋や古い町並み、今の町並みを比べる写真や資料などが展示されています。20日まで1階ロビーにて開催されています。

 また、23日まで深川橋のライトアップも行われ、「88」、「稲穂とリンゴ」の電飾で彩られています(blog左袖の画像参照)。

 *11月19日:一部記事を修正しました

2005.11.17

夕張にて見つけたもの

 コンサblog更新しました。今日、夕張へ行ってきましたが、その道中で見つけたものとは如何に?

 夕張にて見つけたもの

 *11/24追記 その続編を掲載しました。
  夕張にて見つけたもの・続編

2005.11.13

福岡3-0札幌/シュート2本しか打てず完敗

 コンサblogを更新しました。13日の福岡戦の記事です。

 福岡3-0札幌/シュート2本しか打てず完敗

2005.11.12

13日に「大地への遺言~やさい博士の残した種~」放送

 しばらく、日記を書けなかった間にパリーグの日程発表やアジアシリーズが始まるなどしていますが、いずれフォローすることにします。

 今年3月に亡くなられた「野菜博士」の相馬暁・拓殖道短大(深川市)教授の足跡を紹介する番組が、13日深夜に日本テレビ系列:NNNドキュメント'05で全国放送されますので、紹介します。

2005年11月13日(日)24:25~25:20/55分枠
「大地への遺言  やさい博士の残した種」
テレビや雑誌を通して長年、消費者に食の大切さを伝えてきた「やさい博士」相馬暁(さとる)さん63歳。北海道農業の第一人者として第一線で活躍してきた。3年前、相馬さんは農業試験場長の座を捨て、自らも農家になって、大学で人と環境に優しいクリーン農業を教える道を選ぶ。生産者を育成したいという一心だった。そんな矢先、先生をすい臓ガンが襲う。余命宣告8ヶ月。それでも入院を拒み、教壇に立ち続けた。その視線の先には、やさい博士の想いを継ぎ農家を目ざす一人の若者がいた。
ナレーター:巻山 晃 制作=札幌テレビ放送

 興味ある方はぜひご覧下さい。

2005.11.07

2006セ・パ交流戦日程発表

 何気なく、ラジオを聞いていましたら、来年のプロ野球セ・パ交流戦の日程が発表されたとのニュースが流れていました。 北海道日本ハムファイターズ関係日程は下記の通りです。

<2006北海道日本ハムファイターズ交流戦日程>
5月9日(火)~11日(木)ファイターズ×ドラゴンズ
5月12日(金)~14日(日)ファイターズ×ベイスターズ
5月16日(火)~17日(木)タイガース×ファイターズ(16日倉敷)
5月18日(金)~21日(日)カープ×ファイターズ
5月23日(火)~25日(木)ジャイアンツ×ファイターズ
5月26日(金)~28日(日)ファイターズ×スワローズ(28日旭川)
5月30日(火)~6月1日(木)ファイターズ×ジャイアンツ
6月2日(金)~4日(日)ベイスターズ×ファイターズ
6月6日(火)~8日(木)ファイターズ×タイガース
6月9日(金)~11日(日)ドラゴンズ×ファイターズ
6月13日(火)~15日(木)スワローズ×ファイターズ
6月16日(金)~18日(日)ファイターズ×カープ

参考:交流戦全日程

 来年も5~6月にかけての集中開催となりました。来年は5月9日から札幌ドームでドラゴンズ相手にスタートします。待望の広島市民球場で、対カープ戦週末開催が組まれましたので、その時は広島に行ってみたいと思います。

 本拠地以外の開催は倉敷・旭川で予定されています。旭川開催は2年ぶりですね。

*パリーグレギュラーシーズンの日程は9日13時発表とのこと(パリーグホームページによる)

2005.11.06

札幌1-1水戸/勝ち点1は積み上げたが

 コンサblogを更新しました。今日の水戸戦の感想です。

 札幌1-1水戸/勝ち点1は積み上げたが

2005.11.05

とにかく勝利あるのみ/明日の水戸戦

 前略 コンサドーレオフィシャルblogにコンサ関連記事用のblogを開設しましたが、オフィシャルblogメインの新着記事一覧に表示される数がまだ少ないため、短時間で一覧から消えてしまうと、今のところ新blogの存在を示せる手段が限られることが分かりました。したがって、当分の間、新blogの記事についてもタイトルとアドレスだけをこのblogに掲載することにしました。

 明日の水戸戦に向けての記事です。
  とにかく勝利あるのみ/明日の水戸戦

初めての狂言鑑賞

 今日の夜は深川市文化交流ホール「み・らい」にて、茂山千五郎家による狂言公演がありましたので見てきました。北海道に住んでいると、普段、狂言や能といった古典芸能を見る機会は少ないので、貴重な機会でした。

 最初に茂山千五郎家一門の方が、前説で狂言についての解説をしてから、3つの演目が上演されました。プログラムには3つの演目についてのあらすじが書いてあるので、これを読んで鑑賞すると話の中身が分かりますが、1つめの「二人袴」は読まずに見ていたため、よく分からなかったです。

 狂言の舞台は演劇のようにセットが無く、登場人物が名乗りで自己紹介、行動、設定などを独特の言い回しで言うので、よく聞いていないと想像力も働かせることもできません。

 1つめが終わると休憩があったので、その間にあらすじを読んでおきました。

 2つめは「魚説教」。人間国宝の茂山千作さんがにわか僧侶を演じるもので、魚の名前を並べて説教を取り繕う演技は、年季が入っていて見事でした。

 3つめは「呼声」。居留守を使う太郎冠者を、何とかして呼びだそうとする主人・次郎冠者とのやりとりが面白かったです。

 今日の演目は狂言の中では、分かりやすいお話であったと思います。日本の古典芸能の一端にふれることができて有意義な夜でした。

2005.11.04

コンサドーレブログ開設

 今日からサービスの始まった「コンサドーレ札幌オフィシャルブログ」。早速、私もblog「深川からコンサドーレを叫ぶ!」を開設しました。

 トップページを見ますと、今のところ選手のblogは和波と曽田の2選手ですが、フロントスタッフのblogがいきなり7つも設けられているのには驚きました。児玉社長はじめ役員、各部署、選手寮と出揃っています。blogは更新を続けてこそ価値があると思います。ぜひ、積極的な更新を願っています。

 今後のコンサ関連記事については新blogに掲載していきますので、そちらをご覧下さい。また、このblogはコンサ以外の記事を引き続き綴っていきますので、よろしくお願いいたします。

2005.11.03

コンサドーレ札幌オフィシャルブログ/新たなるメディア戦略

 コンサドーレ札幌の話題ですが、10月29日の第38節・ベガルタ仙台戦(宮城・仙台スタジアム)は札幌が先制するも、圧倒的に仙台に試合を支配され、後半同点に追いつかれた直後に勝ち越し弾を決めた池内が2枚目のイエローで退場。何とか2-2の引き分けに持ち込みました。

 これで順位は山形(勝ち点54)が敗れたため、勝ち点55で5位に浮上。3位は甲府で勝ち点59と札幌との勝ち点差は4となりました。

 仙台戦の話題はここまでにして、最近、コンサドーレ札幌のメディア戦略が活発化し、新規のサービス開始などが相次いでいます。

 今日、公式サイトにて「コンサドーレ札幌オフィシャルブログ」の11月4日開設が発表されました。サービス内容は選手や役員、フロントのblogが開設されるほか、サッカー少年団や一般のサポーターもblogを開設して参加できるというのが特徴となっています。サッカーに限らずプロスポーツ選手のblogはたくさん開設されていますが、チーム自体がblogサービスを提供するのは初めてではないかと思われます。このオフィシャルブログ自体がコンサドーレ関連blogの集合体を形成することになり、新たな可能性を感じます。
 参考:道新記事

 このブログサービスを共同運営するのが、WEBOSSという札幌の会社。役員でコンササポの方がおり、その方のblogを読みますと社運を賭けた一大事業のようです。「コンササポが立ち上げるコンササポのためのblogサービス」と言えますね。

 私も趣旨に賛同し、近くコンサドーレ関連のblogをコンサドーレオフィシャルブログに新規開設・移行させたいと思います。ココログの方は引き続きファイターズとそれ以外の話題を綴ります。

 その他、今日併せて発表されたのが、「VIVA! ジョカトーレ」(「ジョカトーレ」はイタリア語でサッカー選手の意)
放送開始(HBCで7日より来年3月まで毎週月曜深夜1時40分から10分間)。北海道フットボールクラブ(HFC)が企画制作するテレビ番組も初めてと思われます。

 また、10月14日~来年3月まで、コミュニティFMさっぽろ村ラジオ(札幌市東区)にて「コンサ!ラジオブログ」が放送されています。HFCの女性取締役が当面?パーソナリティを務め、「北海道フットボールクラブが全面バックアップする、コンサドーレ札幌とサポーターを結ぶ、言わば“電波のブログ”です。毎回、フロントスタッフ、チームスタッフ(!?)が出演して、とっておきの情報やこぼれ話などをお届けします。」(公式サイトより)という番組で、実質の制作者はHFCとみて間違いないようです。

 J1昇格の可能性を残しているこの時期に、テレビ・ラジオ・インターネットとメディアを活用した新たなサービスが、展開され始めていることに意義があると感じます。今後の推移に注目したいと思います。

 コンサドーレ次節の戦いは6日18時から札幌ドームにて水戸ホーリーホックと対戦します。札幌ドームで珍しい休日のナイターです。今は、とにかく昇格のために勝ち点3を積み上げ続けるだけです。

 *休日の仕事が続いており、9月24日京都戦以降生観戦が出来ない日々が続いています。そろそろ禁断症状?が出てきたような・・・

2005.11.01

列島縦断鉄道乗りつくしの旅深川市登場・続

 今日のNHKBSの列島縦断鉄道乗りつくしの旅は、美瑛駅からの放送でした。その中で昨日の足取りが放送され、深川駅がほんの少し登場しました。

 昨日は増毛駅をバスで留萌に向かい、列車に乗り換えて恵比島駅で下車。恵比島駅は連続テレビ小説「すずらん」の舞台である明日萌駅がそのまま残されており、現在も健在な姿を見せていました。その後は空知管内沼田町の川で、町の化石館の人と一緒に「タカハシホタテ」と呼ばれるホタテの化石堀りに挑戦していました。結構大きい化石が発掘されていました。(ちなみに、そのホタテの化石は深川市の多度志川でも採れます)

 恵比島から深川までは列車で移動。深川駅1番ホームでスーパーホワイトアローに乗り込むところが、ほんの少し映って、滝川へ移動していました。滝川からは富良野経由で美瑛までで昨日の旅は終わりました。

 明日は池田駅からの放送です。

列島縦断鉄道乗りつくしの旅に深川市登場

 NHKBSで関口知宏さんが旅している「列島縦断鉄道乗りつくしの旅」。昨日は増毛駅からの放送でしたが、その中で深川市が増毛に次いで取り上げられました。

 放送では29日の旅の様子ということで、新十津川駅から増毛駅までの行程でした。新十津川をバスで滝川へ向かい(乗りつくしではバスも使っているのですね)、8:49発のスーパーホワイトアローで深川へ9:02に到着。深川で列車の待ち合わせがあり、駅前通りの喫茶みまつにて休憩。そこで国指定の史跡・ストーンサークルの話を聞きつけて、現地へ。山を少し登ったところにあるストーンサークルに立ち、縄文人のお墓と言われる環状列石を見ていました。そして、深川11:08発の列車で増毛へ向かいました。関口さんは放送で、旅の終わりが近づく寂しさを、静寂のストーンサークルに重ねていたと感想を語ってました。

 前編の最長片道切符の旅では、深川市はスーパーホワイトアローの走行シーンが数秒間のみ映ってましたが、今回はかなりのウェートを占めていました。もう、乗りつくしの旅も残りわずかとなったようです。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »