2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 2006ファイターズ・コンサドーレ統合日程表 | トップページ | 2005年の終わりに »

2005.12.23

JR北海道2006年3月ダイヤ改正

 今日の北海道新聞にJR北海道の2006年3月ダイヤ改正の概要についての記事が出ていました。

 目玉はスーパー白鳥増発のようですが、深川方面では下記の通り、結構大きな手直しがあります。

・夜行特急「利尻」「オホーツク9・10号」の季節運行化
・札幌発22時、23時2分の旭川行、旭川発5時30分札幌行など、札幌-旭川間朝夕の時間帯L特急増発

 夜行特急「利尻」「オホーツク」については、乗車率が20%台と低迷しているとのことで、観光シーズン限定(利尻は夏の観光、オホーツクは冬の流氷観光)の季節運行に格下げされるとのことです。JR乗りつぶし派などには痛手でしょうか。

 これらの夜行特急には札幌で夜、飲んできた時などに深川まで乗車していますが、自由席が札幌出発時に混んでいるものの、あとは降りていく一方という状況のように感じていました。また札幌-深川間で所要時間が1時間半程度かかるので、深夜帯にはとても長く感じていましたが、22時、23時と普通のL特急が増発され、1時間で帰れるようになるのは大変ありがたいことです。また、新千歳空港に遅い飛行機で着いても、従来より早く深川に到着できます。

 ただ、夜行が季節運行化されることで、観光シーズン以外は深川発の札幌行特急の始発が午前6時頃と繰り下がります。それによって、従来午前4時過ぎの列車利用で可能だった7時50分~8時頃の新千歳空港発東京・大阪・名古屋行初便への乗り継ぎが出来なくなるものと思われます。

 あと、利用人員の少ない下記7駅が3月のダイヤ改正で廃止されます。
▽張碓(函館線)▽中徳富(学園都市線)▽智東(宗谷線)▽南下沼(同)▽新栄野(石北線)▽東幌糠(留萌線)▽旭浜(室蘭線)

 詳細はJR北海道のニュースリリースを参照下さい。(PDFファイル)

« 2006ファイターズ・コンサドーレ統合日程表 | トップページ | 2005年の終わりに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11916/7797401

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道2006年3月ダイヤ改正:

« 2006ファイターズ・コンサドーレ統合日程表 | トップページ | 2005年の終わりに »