2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.19

山形0-1札幌/再び白星先行

 18日の山形戦の感想をコンサblogに掲載しました。併せて、水戸戦後に注文していた新ユニフォームが届きましたので、そのことも書きました。ぜひご覧下さい。

 山形0-1札幌/再び白星先行
 新ユニフォーム到着

2006.03.14

プロ野球三都物語を聞きました

 11日、HBCラジオで放送された「三都物語」を聞きました。

 今年は福岡RKBがホスト局なので、鬼橋美智子さんが仕切り役で、稲尾和久氏も随所で解説をしていました。

 また昨年は福岡からだけ生中継が入っていましたが、地元RKBはもちろんのこと、HBC・TBCともに自局リポーターを動員して札幌・仙台から生中継を入れました。

 我がHBCは土曜正午の「Fighters Radio」担当・川畑恒一アナをナゴヤドーム経由で福岡に派遣。同じく「Fighters Radio」の若林聖子さんが札幌のファイターズオフィシャルショップ、アリオ札幌のファイターズレストランから中継を入れていました。

 TBCは大井健郎アナを昨年に続き派遣。「スポーツパラダイス」かわのめえりこさんが仙台市若林区・青葉区の居酒屋から中継。仙台荒鷲会関係者も中継に登場してました。

 迎え撃つRKBは「ホークス歌の応援団」加藤じゅんや(漢字不明)さんが、福岡市博多区内のホークスグッズ収集家宅から、長谷川友子さんが昨年に続いて鷹勝から中継してました。

 またRKBの番組にしては珍しく最近の歌、唯一の音楽として倖田來未の曲を1曲流しました。

 募集した野球川柳も意外と凝ったものもあり、どさくさ紛れに鬼橋さんが自分の作品を読んでいました。

 2年目の「三都物語」は時間が2時間に拡大されましたが、あっという間に終わってしまいました。最後の方で来年はTBCの番と言ってましたので、たぶん来年も継続されると思います。

2006.03.12

札幌0-1水戸/今年もホームは黒星スタート

 昨日(3月11日)のコンサドーレ札幌ホーム開幕戦・水戸戦に行ってきました。コンサblogに現地からのモブログ投稿、観戦記をまとめましたので、以下のリンクからご覧ください。

 札幌ドーム到着
 ホーム開幕戦キックオフ
 水戸戦前半終了
 今季初敗北
 札幌0-1水戸/今年もホームは黒星スタート

2006.03.08

今年もプロ野球三都物語放送

 昨年3月に北海道HBC・宮城TBC・福岡RKBの各ラジオ局共同制作で初放送された「プロ野球三都物語」ですが、今年も来る11日(土)19時~21時に3局で放送されます。

 昨年はHBCをキーステーションに1時間番組で放送されましたが、今年はRKBをキーに2時間番組へ拡大されました。

 出演者はRKB・鬼橋美智子さん、TBC・大井健郎アナは昨年と同じですが、HBCは川畑恒一アナに選手交代するようです。その他に稲尾和久氏が出演されるようです。久しぶりに鬼橋さんの声が聞けるのが嬉しい限りです。

 この番組ではリスナーからメッセージを募集していますが、テーマが「野球川柳」。何かCBCラジオ・ドラゴンズワールドのパクリ企画ではないかと思ったのは私だけでしょうか。

 とにかく、今年はどんな番組になるのか楽しみです。

2006.03.07

コンサ開幕戦に行ってきました/コンサblogにモブログ投稿

 いよいよ2006年のJリーグが始まりました。3月4~5日にかけて、コンサドーレ札幌開幕戦・鳥栖×札幌戦(佐賀・鳥栖スタジアム)とJ1開幕戦・磐田×福岡戦(静岡スタジアム)を観戦してきました。現地からのモブログ投稿をコンサblogに掲載していますので、リンクを張っておきますので、ご覧ください。

 いよいよ開幕
 コンサドーレ開幕戦白星発進
 電車でGO!
 静岡スタジアム到着
 磐田1―1福岡/福岡先制するもドロー
 北海道に帰ってきました

 なお、今回の観戦旅行記はコンサblogにまとめる予定です。

2006.03.04

活況を呈する沖縄インディーズ/沖縄旅行記3

 沖縄旅行の夜は、沖縄の歌をライブで聴ける居酒屋に行って、沖縄インディーズを肌で感じてきました。

168_6868s1  沖縄旅行最初の夜(2月9日)、研修会の前夜祭2次会で、那覇市の国際通りにある「ライブ&居食屋 金城(かなぐすく)」というお店に行ってきました。このお店は沖縄県内外で活躍する若手女性アーティストによる島唄・沖縄民謡ポップスのライブが売りです。
164_6443s1  この日登場したのは、沖縄本島の北にある伊是名島出身の「ERRY&CHIHARU」という女性デュオでした。2人は幼なじみとのことで、息もピッタリ合っており、とても楽しいライブで、店の中も盛り上がりました。これからの活躍が期待されます。
170_7098s1  かなぐすくで売っていたERRY&CHIHARUのオリジナルCD。CD-Rに曲を焼いて自主制作しているものです。

 自ら作詞・作曲した「悠久(とわ)なる島」と「月」が収録されています。2人の出身地である伊是名島は高校が無いそうで、高校進学時には島を離れなければならないとのこと。「悠久(とわ)なる島」は、島を離れてから、初めて分かる両親や島への想いを歌っている曲です。
167_6732s1  かなぐすくの雰囲気が良かったので、那覇に戻った2月11日の夜、再び訪れてみました。この日も9日と同じく、ERRY&CHIHARUのライブでした。真ん中の2人は飛び入り出演で、左から2人目は南大東島の少年、3人目はかなぐすくで、定期的にライブ出演されている宮古島出身の砂川美香さんという方です。プライベートで来ていてステージに上らされたようです。
168_6872s1  沖縄最後の夜となった2月12日、三たび訪れてみました。この日はTHE☆TiDAという女性デュオで、こちらも楽しい一時を過ごすことができました。

 かなぐすくは曜日毎に違う方が出てライブをしていますが、その方々がホームページやblogを持っていて、それを見ると横のつながりを持っている様子がうかがえました。

 また、こうした居酒屋以外でもジャスコなどのショッピングセンター、県外の物産展などでライブ活動を活発に行っているというのも、沖縄インディーズの特徴と言えそうです。

 沖縄を訪れる機会があったら、行ってみたいお店です。

2006.03.01

北海道の音楽を応援する番組/STVテレビ「なまおん」

 2月25日の北海道新聞夕刊に、STVテレビで土曜日深夜1時25分から放送されている「なまおん」という番組が紹介されていました。記事によりますと、この番組は「北海道出身や北海道で頑張る『どさんこアーティスト』を精力的に取り上げ、北海道の音楽シーンを応援する番組」とのこと。今年1月から始まった番組だそうです。

 MCは吉川典雄、近藤麻智子両アナで、2人はSTVラジオの音楽ランキング番組「なまらん」を担当しており、同番組との連携も売りの1つとのこと。実際に「なまらん」を中心に人気上昇中のバンド、地元在住の高校生ミュージシャンなどを取り上げている。また、北海道のインディーズを応援するコーナーなども設けられており、北海道の音楽シーンを幅広くフォローしているようです。

 私は番組自体は見たことがないのですが、番組担当プロデューサーの次のコメントが目を引きました。
 「かつて松山千春らを生んだ北海道も、今は沖縄にお株を奪われ、景気も悪い。この閉塞感を何とかしたかった。」(中略)「北海道の音楽シーンは実に元気があって、いろいろな人がいる。表現の場があればさらに活性化できる。」

 コメントにあった「沖縄にお株を奪われている」という状況は、まさに、先月沖縄に行った時に現地のインディーズのライブを見た際に感じたもので「北海道はどうなのか」と思っていたところ、この記事に出会いました。過去、松山千春らを世に送り出したSTVが、21世紀にあえて、このような番組の放送を始めたことに好感を持ちました。

 次の沖縄旅行記第3回は、私の見た「沖縄インディーズ」を取り上げます。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »