2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

さすらいペット旅情編2


« 黒米フェアー、深川消費者大会 | トップページ | 北海道・東北・東京の時間地図を見て »

2012.01.03

北海道を中心とした日本全図を購入

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。正月三が日も最後となりましたので、今日から今年の本ブログの更新を行います。

新年を迎えたのを機に、新しい地図を部屋に貼りました。

北海道を中心とした日本全図

以前、出張先の施設で見かけた地図で気になっていました。しかし、売っているところを目にする機会がこれまで無かったのですが、昨年12月、札幌に行った際に立ち寄った書店のレジ付近に陳列されていたのを目撃し、購入してきました。そして、年末のカレンダー類の貼り替えの際に貼ったものです。

この地図はB1縦判の大きさで、「北海道を中心とした日本全図」という主題が付いた地図で、2010年7月1日に発売されました。札幌を中心とした正距方位図法で日本のすべての範囲が図示されており、札幌からの距離と方位が正しく表現されています。ただし、北海道を図のほぼ中心に置いて、方位を約100度回転させているとのことです。オホーツク海、千島全域、サハリンの主要地名が記載され、これらの地域が一目でわかる初の日本全図とのことで、地元深川市も地名表記されています。

同封のチラシに「プロジェクトに寄せる思い」が書かれていました。

「北海道の北東には豊かな海洋や島、大陸が広がっています。しかし一般的な日本地図において、北海道は『北東端』に位置し、本州や九州、四国の人たちのみならず、私たち道民でさえも、北海道の東や北に意識や目を向けてきませんでした。まるで北海道より東や北はない、というような固定観念を持ち続けてきたのです。
多くの可能性を持つ北海道の北東部を存分に見渡せるような地図をつくり、その固定観念を破りたい、そして北海道を中心とした日本全図をつくることで、ともすれば閉塞感に陥りがちな北海道を元気づけたい。」(同封のチラシより)

確かに北海道中心の地図はほとんど見かけないので、北海道の地理的位置が見渡せる、とても良い地図だと見たときに直感しました。

「思い」は最後にこう結んでいます。

「『北海道が発信する地図』によって、北海道が元気になり、『こんなに豊かで可能性を持ったロケーションで私たちは暮らしているんだ』という意識を持っていただければ、このプロジェクトは大成功です。」(同封のチラシより)

この地図を見ながら今年は、これまでとは違った視点から物事を見つめ直し、少しでも行動していくことができれば、と思いました。

なお、この地図についての詳細は(有)札幌グラフコミュニケーションズのサイトをご覧ください。

« 黒米フェアー、深川消費者大会 | トップページ | 北海道・東北・東京の時間地図を見て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11916/53644955

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道を中心とした日本全図を購入:

« 黒米フェアー、深川消費者大会 | トップページ | 北海道・東北・東京の時間地図を見て »