2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020.11.23

留萌本線開業110年

 今日11月23日(月曜日)はJR留萌本線が開業して110年の日です。1910年11月23日に深川駅から留萌駅間が開業したことに由来します。
深川マイナリー近くの留萌本線を走るキハ54の写真
▲深川マイナリー近くの留萌本線を走るキハ54(11月22日撮影)

 10年前(2010年11月23日)の開業100年の時は、深川で記念イベントが盛大に開かれましたが、今回は特にイベントは無く、マスコミも110年よりは存廃に関する報道があった状況でした。
 JR留萌線 存廃の行方は(NHK北海道 NEWS WEB 11月17日放送)
 ※掲載期間1週間につき、今日23日までは視聴可能と思われます。

 JR留萌線 廃止方針から4年 利用促進策はコロナ直撃 バス転換は議論膠着か 見えぬ決着への展望(北海道新聞ホームページへリンク 11月18日付空知版) 

 このブログでも紹介しましたが、沼田町が募集、運営している「JRに乗り続け隊」サポーター(隊員)宛に、同町から留萌本線が110年を迎える旨のメールが届きました(私も参加しています)。メールは「新型コロナウィルスの影響で思ったように、外出等が出来ない状況が続いておりますが、今後ともJR北海道及びJR留萌本線を応援して頂けますと幸いでございます。」と結んでいました。

 本来であれば、この節目の日に留萌本線の乗り歩きでもしたいところでしたが、コロナ禍で自粛し、代わりに深川市内で留萌本線に関連した話題を探してきました。

アートホールでの絵の展示の写真 深川駅前の深川市経済センター内にあるアートホール東洲館の市民ギャラリーで、10月3日に開催された「JR留萌本線に乗って心に残る1枚の絵を描いてみませんか?パート2」(深川商工会議所主催)の参加者が描いた絵が展示されていました(右上写真)。各自思い思いにキハ54や駅を描いていました。展示は11月29日(日曜日)まで行われています。入場無料です。

道の駅での写真展示の写真 「2020ふかがわフォトコンテスト」の入賞作品が決まり、道の駅ライスランドふかがわ1階に展示されていました(右下写真)。その中で、優秀賞に留萌本線に関係する写真が入賞していました。「ふかがわ米群基地」という作品(右下写真中の2段目の作品)で、深川マイナリーをバックに走るキハ54が写っています。入賞作品は道の駅ライスランドふかがわのホームページにも掲載されていますので、ご覧ください。

 またホームページで見つけましたが、沼田町「第22回明日萌の里フォトコンテスト」の入賞作品が決まりました。今年はJR部門があり、JR留萌本線をテーマに沼田町内で撮影した写真が募集され、JR部門では優秀賞1点「真布の秋」、入選2点「ススキの中」「STATION(乗客)」が選ばれていました。入賞作品が沼田町ホームページに掲載されていますので、ご覧ください。
 なお、入賞作は、ほろしん温泉ほたる館で2021年秋まで展示されているとのことです(11月11日付北海道新聞中・北空知版記事による)。

 以上、留萌本線開業110年によせて、関連した話題を紹介しました。

2020.11.08

深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」2020年11月の放送は11月11日(水曜日)!

 北海道留萌市の「FMもえる」で月1回(毎月第2水曜日)放送中の深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」。今月は11日(水曜日)午後7時から8時30分までの放送となります。
 今月は深川市音江町にあるレストラン コリーナのスタッフの方をゲストにお迎えして、コリーナのお店紹介、おすすめメニュー、併設されているセント・マーガレット教会などの話題をお送りします。
 留萌以外ではインターネットから聞くことができます。
 放送内容など、詳しくは深川輝人工房&VIVAふかがわBlogを参照。北海道深川市の情報をぜひお聞き下さい。

2020.11.03

晩秋の留萌本線

 去る10月25日(日曜日)は留萌で所用があったので、久しぶりの「近場トラベル」として、深川8時4分発留萌本線列車で出発。留萌本線に乗るのはコロナ禍で列車に乗るのを控えていたこともあり、2月に深川から恵比島間を往復して以来で8ヶ月ぶりのこと。
留萌本線列車キハ150の写真
 ▲留萌本線列車キハ150

 この日はあいにくの雨でしたが、深川駅からは稲刈りの終わった田園風景を眺め、秩父別駅のホームにはハロウィンかぼちゃが飾られていました。石狩沼田駅でもハロウィン飾りの予告ポスターが貼られていました。深川市はじめ沿線の北空知地域は、ハロウィン用飾りカボチャの一大生産地なので、留萌本線と絡めた話題づくりは良いことだと思いました。
深川から北一已間の田園風景の写真
 ▲深川から北一已間の田園風景
ハロウィンの飾りがあった秩父別駅ホームの写真
 ▲ハロウィンの飾りがあった秩父別駅ホーム
石狩沼田駅のハロウィン飾り予告ポスターの写真
 ▲石狩沼田駅のハロウィン飾り予告ポスター

 ※石狩沼田駅のハロウィンイベントは北海道新聞でも報道されていました。以下、リンク先の北海道新聞ホームページをご覧ください。
 列車乗客、お化けでお迎え 市民グループ 石狩沼田駅、ハロウィーン装飾
 サポーター増やす/PR映像制作を 留萌線存続策探る 石狩沼田駅町長と住民意見交換

 恵比島駅から峠下駅にかけての車窓を眺めると、色づき始めた紅葉のトンネルの中を通り抜けている感覚になりました。留萌市街地に入って車窓的には最後のハイライト、留萌川を渡り、9時過ぎに留萌駅に到着しました。深川から留萌まで、この季節ならではの車窓が楽しめました。日曜朝の留萌本線列車は10人ほどの乗客で、乗り鉄、撮り鉄的な人が多かった印象でした。途中駅での乗降はなく、全員留萌駅まで乗り通していました。
恵比島から峠下間の紅葉の写真
 ▲恵比島から峠下間の紅葉
留萌川の写真
 ▲最後のハイライト「留萌川」
留萌駅ホームに到着した列車の写真
 ▲留萌駅ホームに到着した列車

 帰りは留萌駅午後8時20分発の最終列車で深川に戻りました。乗客は3人ほどでした。

 今回、留萌本線に乗って改めて感じたのは、列車がレールの上を走るガタゴト音がきちんと聞こえるので、列車に乗っている感じがすること。最近はロングレールが増え、そういう音の楽しみが減っているのも事実。深川から留萌までの車窓も田園風景に始まり、恵比島から峠下まで山の中を走り、幌糠付近の山間部、そして留萌市街、留萌川と50.1kmの日本一短い「本線」ですが、実に変化に富む魅力的な路線といえます。留萌本線をとりまく状況は極めて厳しいですが、路線がある限り、時々にはなりますが、私も利用していきたいと思います。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

リンク(Blog)


Trackback People


  • トラックバックURL http://member.blogpeople.net/tback/00738 詳細はこちらをご覧下さい。

  • トラックバック先URL: http://member.blogpeople.net/tback/00777