2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022.05.25

札幌×柏戦は厳しい戦いでした

 今日5月25日のJ1札幌×柏戦は、開始10分頃の福森の退場で試合が終わってしまったとしか、言いようがない状況でした。後半の青木のゴールは良かったです。1-6で札幌の敗戦でした。

 せっかくのHBCテレビ地上波中継があり、新聞テレビ欄の縦読みプラスアルファ、ユーチューブ配信企画もあったりして、試合以外は盛り上がっていたと思ったのですが。

 今日の試合は忘れて、次に切り替えてほしいところですが・・・

 その後、STVラジオでスワローズ×ファイターズ戦を聞くと、9回表にバースデーの清宮のタイムリーで逆転したことに気を良くしていたら、9回裏にスワローズ山崎に3ランホームランを打たれ、6-7でサヨナラ負け。今日は両チームにとって厄日だったということにしておこう。

2022.05.09

深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」2022年5月の放送は5月11日(水曜日)!

 北海道留萌市の「FMもえる」で月1回(毎月第2水曜日)放送中の深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」。今月は11日(水曜日)午後7時から8時30分までの放送です。今月は今年初めて留萌のスタジオから生放送を予定しています。

 今月は深川に新しくオープンしたハンバーガーショップ「ピーターパン」、今春発行された深川市のガイドブック「プチ『JP01』深川市Vol.3」の話題などをお伝えします。話題に関係する3人のゲスト出演(電話含む)を予定しています。ぜひお聴きください。

 留萌以外ではインターネットから聞くことができます。
 放送内容など、詳しくは深川輝人工房&VIVAふかがわBlogを参照。北海道深川市の情報をぜひお聞き下さい。

2022.05.02

北空知の鉄道名所を巡る小さな旅

 今年のゴールデンウイーク期間中はJR留萌本線恵比島駅で「明日萌駅春フェスタ」と中村旅館ロケセットの開放が行われ、函館本線妹背牛駅に独自の駅名標が設置されたとのことで、それら「北空知の鉄道名所」を巡る小さな旅をしてみました。

 5月1日(日曜日)午前11時10分深川駅発の留萌本線留萌行普通列車に乗車。車内は座席は埋まり立ち客まで出るほどの盛況ぶりでした。乗客数は約40人くらいだったと思います。遠くから乗りに来たと思われる方も多かったです。沿線の田んぼには水が入り始めているところもありました。この時間はちょうど、留萌・FMもえるで道の駅るもいから特別番組が生放送されていたので、スマートフォンでサイマル放送を聴きながら過ごしました。
留萌本線 留萌行普通列車の写真
 ▲留萌本線 留萌行普通列車(深川駅)
沿線の田んぼの写真
 ▲沿線の田んぼには水が入り始めていました(深川ー北一已間)

 11時33分に恵比島駅着。3人下車。駅員に扮したスタッフの皆さんのお出迎えを受け、到着記念証を頂きました。駅周辺には数人いるだけで、三密は回避できる状況。この日の天気は曇りで時折雨がパラついたものの、思ったよりも崩れなかったので良かったです。駅前の道路をウォーキングしてみました。駅前は建物自体が少なく、朽ちている建物もあるが、住んでいると思われる建物はお寺他2,3軒か。消防団の詰所?から正午のサイレンが大音量で響き渡りました。
明日萌駅の様子の写真
 ▲明日萌駅の様子

 「明日萌駅春フェスタ」では記念包装紙の掛かった深川名物ウロコダンゴ、かつての「快速るもい」のヘッドマークをあしらったマグカップ、ミニのぼりなどの鉄道グッズが販売されていました。いくつか購入して増収に協力。
記念ウロコダンゴの写真
 ▲記念ウロコダンゴの写真

 「中村旅館ロケセット」では町職員の方がコーヒーを振る舞うなどして訪問客をもてなしていました。ストーブも付いており、5月に入ったとはいえ、休憩がてら暖まることができて、大変ありがたかったです。開放期間中、先着100人に恵比島ー深川間の切符(回数券を1枚づつ渡している)をプレゼントしているとのことで、私も頂くことができました。切符に添えられていた紙片には「また来てね切符」と銘打ち、「是非ともJR留萌本線をご利用いただき再度、北海道沼田町へお越しください」と結ばれていました。早速、深川へ戻る切符として活用させて頂き、次回も留萌本線で行くことを心の中で誓う。
中村旅館ロケセットの写真
 ▲中村旅館ロケセットの写真

 午後12時51分恵比島駅発の深川行普通列車に乗車。ここから乗車したのは自分1人。車内では行きの列車に乗っていた方も見かけました。座席は埋まっており、深川まで立って過ごす。石狩沼田駅で7人くらい、秩父別駅で1人乗車。乗客は行きと同じく約40人くらいか。
深川行普通列車の写真
 ▲深川行普通列車(恵比島駅)

 深川駅に午後1時13分に到着。次の列車まで時間があったので駅前で昼食の時間にしました。駅前通の喫茶店「HOSHINO CAFE」で、たらこスパゲッティと日替わりスープのセット1000円。今日のスープは玉子スープでした。美味しく頂きました。
HOSHINO CAFEの写真
 ▲HOSHINO CAFE
たらこスパゲッティと日替わりスープのセットの写真
 ▲たらこスパゲッティと日替わりスープのセット(1000円)

 午後2時10分深川駅発の函館本線滝川行普通列車に乗車。午後2時16分に妹背牛駅到着。話題の町独自の駅名標とご対面。JR設置の駅名標は薄くぼかしたような感じになっていたので、独自の駅名標をメインにしているように感じました。
函館本線滝川行普通列車の写真
 ▲函館本線滝川行普通列車(深川駅)
「あいもちゃん」の独自駅名標の写真
 ▲「ウッチー」の独自駅名標(右側)(滝川方面のホームに設置)
「ウッチー」の独自駅名標の写真
 ▲「あいもちゃん」の独自駅名標(旭川方面のホームに設置)

 駅前広場には妹背牛町中心部の案内看板があり、飲食店も書かれていました。帰りの列車まで時間があったので、町内を歩く。
妹背牛町中心部の案内看板の写真
 ▲妹背牛町中心部の案内看板

 結局、妹背牛中学校の近くに喫茶店「CAFEクリント」があったので、そこでコーヒーを頂いて、駅に戻ると列車の時間。
CAFEクリントの写真
 ▲CAFEクリント

 駅前の通りに気になるお店もあったが、今回はパス。
 浜っ子鮨の1,000円の海鮮丼(鍋付き)が気になりましたが、またの機会に。
浜っ子鮨の写真
 ▲浜っ子鮨

 大黒屋菓子舗も普段なら立ち寄るところですが、こちらもまたの機会に。
大黒屋菓子舗の写真
 ▲大黒屋菓子舗

 午後3時8分の旭川行普通列車に乗車。午後3時13分に深川駅到着。今回の小さな旅はこれでおしまい。
旭川行普通列車の写真
 ▲旭川行普通列車(妹背牛駅)

 ※「明日萌駅春フェスタ」は明日5月3日(火曜日・憲法記念日)まで開催されています。時間は午前10時30分から午後7時まで。
 「中村旅館ロケセット」の開放は、今日5月2日はお休み。明日5月3日(火曜日・憲法記念日)から5月5日(木曜日・こどもの日)まで行われています。時間は午前10時から午後2時まで。

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »