2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」2022年6月の放送は6月8日(水曜日)! | トップページ | 6月22日 ホクレンディスタンスチャレンジ20周年記念大会開催~深川でのディスタンスチャレンジ名シーンを振り返る »

2022.06.19

雨竜の道の駅でダムカレー

 6月2日(木曜日)放送、NHK札幌・室蘭「ほっとニュース道央いぶりDAYひだか」の「ななまるMAP」で、空知管内雨竜町の農業用ダムの尾白利加ダムでダムカード発行を機に、町内飲食店でダムにちなんだメニューの提供が始まったという話題が紹介されました。
 雨竜町で盛り上がるダムグルメ!(NHK北海道のホームページにリンク)

 6月5日(日曜日)のお昼、実際の味を確かめるべく、ダムカレーを提供している「道の駅田園の里うりゅう」へ車で出かけてきました。深川から車で約30分ほどの距離でした。
 道の駅は開業25周年を迎えたとのこと。
道の駅田園の里うりゅうの外観写真
 ちょうど、お昼時だったので、駐車場に車やバイクが多く停まっており、確かダムカレーは限定5食と紹介されていた記憶があったので、売り切れていないか不安がよぎりましたが、レストラン「ホッと一息レストラン穂」の中に入ると、意外とお客が少なかったです。店員の方に聞くと、まだあるとのことでホッとする。
 メニュー表のお品書き。
ダムカレーのお品書きの写真
 運ばれてきたダムカレーは、カレー部分が別の容器に入ったスープカレーとなっていました。北海道ローカル番組のSTV「ブギウギ専務」で、かつてダムカード集めをする企画があり、その派生で道内のダムカレーを制覇するという企画があって、いくつかのダムカレーを見たことがありましたが、多くがルーカレーだったので、スープカレーのダムカレーは初めて見ました。
ダムカレーの写真
 大きな長方形の四角い皿の真ん中にご飯が壁となって、ダムの堤体に見立てていました。その中心にごぼうで栓をしており、爪楊枝を刺してダムの旗が立っていました。具は煮込んだチキンとなす、ブロッコリー、レンコン、かぼちゃなどの野菜があり、オーソドックスなチキンと野菜のスープカレーでした。
 ダム湖部分にスープカレーを投入。ある程度の量を入れると、ごはんの壁の下からスープカレーが染み出てきたので、慌ててごぼうの栓を抜いて、ダムからスープカレーを放流しました。少し入れたところで、すぐに放流してしまった方が良かったかもしれません。
放流後のダムカレーの写真
 スープカレーは一般的にルーカレーに比べると辛いことが多いですが、このスープカレーは辛さが少なめだったので、苦手な人も楽しめる味となっていました。チキンはよく煮込まれてにて、軟らかかったです。野菜、ご飯もスープカレーとともに美味しくいただきました。

 道の駅の中を巡ると、売店には「ふかがわシードル」が売っていました。
売店にあった「ふかがわシードル」の写真
 雨竜米を吊り上げる「クレーンゲーム」がありました。お米のクレーンゲームは珍しいです。
クレーンゲームの写真
 また、道の駅には留萌の鈴木かまぼこ店の支店があり、オリジナル商品として「雨竜米揚」がありました。「ななつぼし」の米粒が練りこまれているとのこと。
雨竜米揚の写真

 道の駅にあったチラシ「ダムカード完成記念 ダムフェア」によると、3月7日(月曜日)から提供されているとのこと。放送で紹介のあった、このダムカレーと町内スナックの「温玉豚ダムチ丼」のほか、他の飲食店では、あんかけ焼きそばタイプの「ダム中華」、ナン付のルーカレータイプの「おしらりかダムカレー」といったメニューもあるようでした。
ダムフェアチラシの写真
 機会があれば、他の店のダムメニューも食べてみたいと思いました。

« 深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」2022年6月の放送は6月8日(水曜日)! | トップページ | 6月22日 ホクレンディスタンスチャレンジ20周年記念大会開催~深川でのディスタンスチャレンジ名シーンを振り返る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深川輝人工房のラジオ番組「VIVAふかがわ」2022年6月の放送は6月8日(水曜日)! | トップページ | 6月22日 ホクレンディスタンスチャレンジ20周年記念大会開催~深川でのディスタンスチャレンジ名シーンを振り返る »