2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019.05.19

道の駅ライスランドふかがわ から たきかわ菜の花まつりへ

 2019年1月27日付、当ブログ記事「深川どんぶり大作戦2018の後日談」で、道の駅ライスランドふかがわ2階「レストラン味しるべ駅逓」のお食事券が当たっていたのを思い出し、今日(2019年5月19日)、食事がてら近隣へお出かけしました。

 深川市立病院前11時30分発、音江経由滝川駅前行の空知中央バスで音江分岐点へ。
深川市立病院前に停車中の空知中央バスの写真

 味しるべ駅逓で5月の限定釜飯「帆立アスパラ釜飯」(1,100円)を注文。この釜飯は以前も食べたが、この組み合わせは意外と合う。マヨネーズがアクセント。お昼時でしたが、ちょうど混み合う直前で、次のバスにちょうど良かったです。
帆立アスパラ釜飯の写真

 音江分岐点12時35分発、滝川駅前行空知中央バスで江部乙中央通へ。ちょうど「たきかわ菜の花まつり」が開催中で、道の駅たきかわを拠点に会場への巡回バスが出ていたので乗車してみました。この時期の滝川市江部乙町の菜の花畑は新聞などで見聞きしていましたが、実際に見に行ったことがなく、今日の行先に思いついたものです。バスは1日300円で乗り放題。10時から15時台まで30分間隔の運行でした。

 バスで菜の花畑の見晴台がある駐車場へ。外国人もいて結構な人出でした。菜の花畑といっても普通の畑なので、勝手な立ち入りを防ぐために見晴台を設けて、そこから見てもらう趣向となっていました。
菜の花畑の見晴台の写真

菜の花畑の写真

 再びバスでイベント会場の丸加高原伝習館へ。グルメ屋台が出ており、こちらも多くの人出がありました。特にジンギスカン丼の食べ比べができるのが滝川らしいと思いました。
小林ジンギスカンとアイマトンのジンギスカン丼の写真

 このあと、バスで道の駅たきかわに戻り、JR江部乙駅から普通列車で深川駅に帰りました。

2019.03.24

深川市あけぼの町「旬華」の「てっぺんグルメ」

 観光庁認定の広域観光周遊ルートに「日本のてっぺん。きた北海道ルート」というのがあります。その「きた北海道」エリア(空知のほか、石狩・上川・留萌・宗谷の5管内)で、昨年から「てっぺんグルメ」という取り組みが行われており、今年も始まりました。この取り組みは、きた北海道エリアの食材を使った料理で、高く盛って「てっぺん」を演出して、目で見ても楽しめるようにしているのが特徴です。

 深川市内からは4店が参加しています。

 このうち、深川市あけぼの町にある「旬華」の「野菜いっぱい深川てっぺん中華どんめん」(1,100円)を食べに行ってきました。この料理の特徴は、中華丼に揚げ麺を高く盛って、中華のあんをダブルで楽しめる趣向となっています。下の写真にあるように、たまたま座った席の目の前に、ディスプレイ?で日本酒の一升瓶が3本置いてあったのですが、そのラベルが隠れるくらい(20cm?)の山盛りでした。その山盛り揚げ麺を崩して食べるのが醍醐味でした。
野菜いっぱい深川てっぺん中華どんめんの写真

 このほか、深川市内では、道の駅ライスランドふかがわレストラン味しるべ駅逓、こめカフェBeco、とんでん茶屋でも「てっぺんグルメ」が提供されています。詳しくは、きた北海道観光公式サイトのグルメ紹介をご覧ください。

2019.01.27

深川どんぶり大作戦2018の後日談

 深川どんぶり大作戦2018の後日談。昨年11月に3店舗目に行き、どんぶりラリー初級賞(3店舗制覇)の応募資格を得ました(当ブログとツイッターに投稿)。その後、どんぶりラリーへの応募は昨年12月上旬で締め切られましたが、私の場合、気づいた時には締切を過ぎてしまい、どんぶりラリー初級賞(3店舗制覇)への応募を失念してしまいました。

 しかし、今月に入って主催の深川観光協会から私のツイッター宛にメッセージが届き、SNS投稿賞に当選した旨の連絡がありました。今回は通常のどんぶりラリーのほかに、SNSへの投稿賞が設けられており、抽選で参加店のお食事券が当たるとのことで、先日、その賞品が送られてきました。

深川観光協会からの手紙の写真

 賞品のお食事券は参加店どこでも使えるということではなく、記載されているお店で使用できるとのこと。私の場合は、道の駅ライスランドふかがわ2階の「味しるべ駅逓」のお食事券(1,000円分)でした。

 後日、このお食事券を手に「味しるべ駅逓」に行きたいと思います。感謝。 

2019.01.19

深川市納内町「Cafe&Lunch Gardy」にて

 今日の昼食は、深川市納内町グリーンタウンにある「Cafe&Lunch Gardy」へ。1月9日付「北海道新聞」空知版の連載企画「そらち喫茶店めぐり」で紹介されていたので、気になって行ってみました。午後に行きましたが、店内はほぼ満席でした。

 選んだメニューはもちろん新聞で紹介されていた「陶板焼きハンバーグ」(980円)にしました。
陶板焼きハンバーグ

 陶板はアツアツで、中のハンバーグはまだジュージューと音を立てており、見た目やにおいだけでなく、耳でも美味しさが伝わってくるような感じでした。

 ハンバーグにナイフを入れてみると、中からはチーズがとろりと出てきました。焼き野菜や目玉焼きもちょうど良い温かさで、美味しい一皿でした。新聞記事によるとハンバーグには道産牛肉、お店のメニュー冊子によるとお米は納内産を使っているとのこと。
ハンバーグの中からはチーズがとろり

 店内はギャラリーも兼ねており、この日は地元の方が描いたと思われる油彩画が展示されていました。月ごとに展示が変わるようです。

2018.11.18

深川どんぶり大作戦2018、あと1週間で終了!

 6月23日から始まった「深川どんぶり大作戦2018」も残すところ、あと1週間(11月25日まで)となりました。
手元のスタンプラリーの応募はがきを見ると、2店舗目までは押されており、あと1店舗行くと3店舗制覇の「初級ドンブラー賞」に応募できるので、今日、お昼を食べに出かけました。

 今日、選んだどんぶりは、深川市あけぼの町にある「旬華」の「深川豚肩ロースの野菜いっぱいすぶた丼」(900円)にしました。

 「旬華」は今年6月24日に紹介した「焼肉ふかがわ」の隣にあるお店です。

旬華の外観

 エントリーどんぶりの「深川豚肩ロースの野菜いっぱいすぶた丼」はこちら。大きな豚肉と野菜がたっぷり入っており、酸味のきいた甘酢のあんがかかっていました。店頭のメニュー解説によると、付け合せの焼売には深川牛が入っているとのこと。お米はもちろん新米に切り替わっていました。私にとってボリュームがちょうど良く、美味しかったです。

深川豚肩ロースの野菜いっぱいすぶた丼 

2018.10.14

深川市のギリシャヨーグルト専門店「F-YOGURT」にて

 去る10月9日(火曜日)のTBS系(北海道HBC)「マツコの知らない世界」で、深川市のギリシャヨーグルト専門店「F-YOGURT」の「ギリシャヨーグルトとハスカップソースのパフェ」が紹介されていました。リアルタイムでは見ていなかったのですが、ツイッターで話題になっているのを知って、TBSのホームページで見逃し配信を視聴しました。

 放送では物産展用に作られたメニューだったようですが、昨日(13日)、お店に行って食べて来ました。ハスカップの酸っぱさとヨーグルトが合っていて美味しかったです。お店では580円で提供。マツコ効果か夕方でもお客さんが結構来ていました。

ギリシャヨーグルトとハスカップソースのパフェ

2018.09.23

さっぽろオータムフェスト

今日のコンサドーレの試合は午後7時開始のナイター。札幌ドームに行く前にさっぽろオータムフェストへ。好天で大賑わい。大通公園西8丁目会場で深川市ブースに立ち寄り。Becoさんの米粉クレープ、ふっくりんぐをはじめ、ふかがわシードル、深川東高りんごラムネ、くまちゃんポテトチップス、ウロコダンゴなど絶賛販売中。深川市ブースの出店は9月25日まで。



2018.09.02

第25回幌加内町新そばまつり

今日は幌加内町新そばまつりに行って来ました。今年で第25回目で四半世紀。天候に恵まれて人出が多かったです。そばを求めて出店の列に並ぶと日差しがあり暑いくらいでした。ステージイベントのトリは、瀬川瑛子歌謡ステージでした。それ目当ての人も多かったように感じました。
備忘録として今日食べたそばのうち、写真を撮った店を紹介します。

北海道そば もりそば 500円



札幌そば愛好会 天ぷらそば 700円



北の郷そば工房札幌 天ざるそば 600円



幌加内そばうたん会 もりそば 500円



幌加内 北最寒 もりそば 500円


2018.09.01

そらちワインピクニック

今日は札幌に行く前に、岩見沢駅の駅前広場にて開催されている「そらちワインピクニック」に立ち寄りました。空知管内のワイナリーなどで醸造されたワインとシードルが楽しめます。



深川からも「アップルランド山の駅おとえ」が出店し、ふかがわシードル、ふかがわポワレが楽しめます。景気づけにふかがわポワレと宝水ワイナリーのワインを飲んできました。


2018.08.26

ふかがわ新そばフェスタ2018

8月26日(日曜日)、ふかがわ新そばフェスタ2018が深川市文化交流ホールみ・らい特設会場で開催されました。

このフェスタは、深川市がそばの作付け面積全国2位ということで、産地としてのアピールと新そばを味わう機会として開催されています。

今年は深川市と北竜町、妹背牛町から4店舗が出店し、新そばを販売しました。

私も会場に行って、4店舗のそばを制覇してきましたので、備忘録として、そばの写真をアップしておきます。どのそばも美味しかったです。

そば食楽部北竜 もりそば(冷)500円



手打ちそば倶楽部妹背牛 天ぷらそば(温)550円



地元深川市からは2店舗
多度志そば工房 ぶっかけそば(冷) 500円



深川市農業対策協議会 かけそば(温)500円


リンク(Blog)


Trackback People


  • トラックバックURL http://member.blogpeople.net/tback/00738 詳細はこちらをご覧下さい。

  • トラックバック先URL: http://member.blogpeople.net/tback/00777