2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018.09.06

地震発生しましたが無事です

北海道胆振東部地震ですが当地深川市は震度4でした。私は怪我なく無事です。深川市の停電は一部地区で続いているようですが、私の住んでいる地区は午後復旧しました。取り急ぎご報告します。

2018.09.02

第25回幌加内町新そばまつり

今日は幌加内町新そばまつりに行って来ました。今年で第25回目で四半世紀。天候に恵まれて人出が多かったです。そばを求めて出店の列に並ぶと日差しがあり暑いくらいでした。ステージイベントのトリは、瀬川瑛子歌謡ステージでした。それ目当ての人も多かったように感じました。
備忘録として今日食べたそばのうち、写真を撮った店を紹介します。

北海道そば もりそば 500円



札幌そば愛好会 天ぷらそば 700円



北の郷そば工房札幌 天ざるそば 600円



幌加内そばうたん会 もりそば 500円



幌加内 北最寒 もりそば 500円


2018.09.01

そらちワインピクニック

今日は札幌に行く前に、岩見沢駅の駅前広場にて開催されている「そらちワインピクニック」に立ち寄りました。空知管内のワイナリーなどで醸造されたワインとシードルが楽しめます。



深川からも「アップルランド山の駅おとえ」が出店し、ふかがわシードル、ふかがわポワレが楽しめます。景気づけにふかがわポワレと宝水ワイナリーのワインを飲んできました。


2018.07.14

第9回ふかがわ街ぶら夏

第9回ふかがわ街ぶら夏
昨日(7月13日)から15日までの日程で「第9回ふかがわ街ぶら夏」が始まりました。

函館バル街にヒント得たもので回を重ねて今年で9回目。これまで秋の開催でしたが、今回は初めての夏開催です。250円チケット8枚綴りの街ぶら券を片手に飲食店や商店を回って、企画商品やメニューと交換するイベントで、普段行く機会が無い店にも行くきっかけにしてもらうことも狙っています。

そこで今日の昼食は、キルティングビーで黒米タコライス丼をいただきました。ふかがわどんぶり大作戦の参加メニューです。

前は白米だったと思いますが、今回は黒米で挽き肉、野菜がたっぷりのって、少しピリ辛で、美味しかったです。

街ぶら券3枚で食べられます。

2018.04.29

夕張市石炭博物館にて

夕張市石炭博物館にて
今日は深川から特急ライラックで岩見沢へ。岩見沢からバスを乗り継いで夕張に来ました。思い出の黄色いハンカチ広場、市内のそば屋でカレーそばを食べ、昨日リニューアルオープンした夕張市石炭博物館を見学してきました。

夕張の最後は夕張駅から、来年廃止されるJR石勝線夕張支線に乗車して、旅の締めくくりです。

2018.04.22

深川から「宗谷本線普通列車6時間4分の旅」を考える

 YAHOO!JAPANニュースに掲載されていた北海道新聞配信の記事を紹介します(4月14日配信)。

 普通列車6時間4分「乗り鉄」魅了 JR宗谷線全線、車窓の眺め人気 (YAHOO!JAPANニュースにリンク)

 宗谷本線で旭川発稚内行きの普通列車が「乗り鉄」の鉄道ファンの人気を集めているという話題です。宗谷本線の旭川-稚内間259.4キロ全線を1本で直通する普通列車は、午前6時3分旭川発、午後0時7分稚内着の1本だけとのこと。

 記事では乗客の感想も掲載されており、「移り変わる景色をゆったり楽しめた。6時間以上乗ったとは思えない」という感想や双眼鏡を片手に乗車した外国人乗客からは「シカもタカも見えた」とのこと。沿線風景について記事では、「観光端境期でも車窓の眺めは魅力的という。小説の舞台にもなった塩狩峠、最北の稲作地帯・名寄盆地、雪解け水をたたえた天塩川との並走を経て、左手に日本海が広がる。天気が良ければ利尻富士も望める。」と紹介しています。

 例えば、深川からこの列車に乗車しようとすると、始発の6時57分発旭川行普通列車では間に合わないので、札幌からの特急最終列車となる午前0時11分発の特急カムイ47号で旭川に行って、夜明けを待つなど、前もって行くしかない状況です。

 では、帰りはどうなるのか。到着後の稚内発列車は13時1分発旭川行特急サロベツ、17時46分札幌行特急宗谷のどちらかであれば、深川までその日のうちに帰ることができます。普通列車になると18時4分発名寄行普通列車までなく、名寄で旭川行普通列車に乗り継ぐと旭川到着が23時39分となり、既に深川方面は最終列車が出た後で、深川にはその日のうちに帰ってくることができません。

 特急列車で帰る方法もありますが、同じ路線を折り返すだけでは物足りないという向きには、稚内13時1分発旭川行特急サロベツに乗車して、豊富駅13時41着(または幌延駅13時55分着)で下車。沿岸バスで日本海沿岸をたどって留萌へ行くという方法があります。豊富駅14時40分発、幌延駅15時9分発の留萌行沿岸バスで留萌駅前18時38分着。留萌駅前からは18時41分発旭川行道北バスにつながります(深川十字街に19時50分到着)が、せっかくなので留萌の海の幸で一杯やって、旅の最後は留萌本線で締めくくりましょう。留萌駅20時20分発深川行普通列車で帰ると、深川駅には21時16分に到着します。

 参考までにこのプランで交通費を計算すると、深川ー稚内間JR普通運賃5,720円、深川-旭川間自由席特急料金620円、稚内-豊富間JR普通運賃930円、自由席特急料金620円、豊富-留萌間沿岸バス運賃2,780円、留萌-深川間JR普通運賃1,070円で合計11,740円です。

 往復だけでは体力勝負の感がありますが、稚内や豊富温泉など沿線で1泊する手もあり、沿線風景、鉄道、バスを大いに楽しむプランになりそうです。

バスの時間参考)沿岸バスホームページ

▼宗谷本線旭川-稚内間直通普通列車の時刻(「JR時刻表」2018年3月号710ページより)
宗谷本線旭川-稚内間直通普通列車の時刻

2018.04.15

「普通列車を観光列車にする取り組み」を留萌本線で考える

 JR北海道のホームページに掲載されていたニュースリリースから1つ紹介します。

 『~いつもの列車で観光気分~ 花咲線の「普通列車を観光列車にする取り組み」を開始します。』(2018年4月12日付、JR北海道のホームページ(PDFファイル)へリンク)

 JR北海道が花咲線沿線地域と活性化についてのアイデア出しを行ってきた中で、定期普通列車で沿線の魅力を楽しむアイデアが実現するに至ったものです。詳しくは上記ニュースリリースをご覧いただくとして、この取り組みの要点は下記の通りです(ニュースリリースより)。

(1)見どころを「ゆっくりと」走ります(上下各1本)
(2)東根室駅で停車時間を拡大します(上下各1本)
(3)見どころを「音声ガイド」GPSアプリでご案内します(全列車)
(4)列車内で「ご当地弁当」を楽しめます(対象列車のみ)
(5)見どころを車両に「ラッピング」します
開始時期は(1)~(4)が6月1日から、(5)が秋頃から開始。

 前に『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで 「ながまれ海峡号」の奇跡』を読んだ時(当ブログ記事へリンク)にも思ったのですが、観光列車まではできなくても定期普通列車でできることがあるのでは、と感じていたところ、このニュースリリースを目にしました。今回は花咲線ですが、それ以外の路線でもできそうなことがある気がします。

 例えば、留萌本線で考えると、(2)のように停車時間の拡大は恵比島駅(明日萌駅)が適していると考えますし、(1)のように沿線の田園風景を「ゆっくりと」走るのも考えられると思います。(3)については、既に開発されている北空知の観光アプリ(「北海道きたそらち観光インフォメーション」のホームページへリンク)の活用が考えられますし、沿線やその先(留萌・増毛など)の見どころのパンフレット(新たに作るまたは既製パンフも可)を車内に備え付けるのも有りだと思います。

 まずは、話題作りからということで書いてみました。

 追伸

 当ブログは2004年1月3日に最初の記事を投稿しました。それ以来、投稿のペースは増えたり減ったりしましたが、この記事で通算1000本目となりました。これからもマイペースで投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2018.04.01

深川市内路線バス「循環線」試験運行開始

 新年度が始まりましたが、今日4月1日(日曜日)から、深川市内の路線バスで「循環線」の試験運行が始まりました。

 「広報ふかがわ」3月号によると、この試験運行は深川市地域公共交通活性化協議会が路線バスの利便性向上を図るため、空知中央バス(株)に委託して実施されるもので、来年度以降の本格運行を目指しているとのことです。詳しくは市内路線バス「循環線」の試験運行(深川市ホームページ)参照。

 循環線は深川市立病院を始点、深川駅を終点として市街地を一周するルートで、これまでの市内線(市立病院から曙団地まで)のルートを含み、深川東高校、深川小学校、深川西高校、生きがい文化センター、新光町、北光町、曙団地、一已小学校、一已8丁目、深川市役所、深川十字街といった地点を通る、これまで無かったルートです。運賃は1回190円(深川市高齢者バス利用料金助成制度登録者は1回120円)。1日の運行便数は深川市役所先回り5便、生きがい文化センター先回り便5便の合計10便。

 早速、試験運行の様子を確認すべく、深川市立病院11時30分発、生きがい文化センター先回りの便に乗ってみました。車内は5人くらいの乗車で、これまで路線バスが通っていなかった途中停留所からの乗車もありました。車内の自動放送では、例えば生きがい文化センターから中央病院に向かう途中で、「これより左折して新光町方面に進みます」のような感じで経路案内も入っていました。最後の市立病院付近では、沿道でカメラを向けてバスを撮影している人も見かけました。この便は、終点の深川駅前には定刻より5分程遅れて12時20分頃到着しました。ダイヤ上は1周44分となっていますが、乗降以外の時間調整の停車はほとんど無かったので、スムーズに走った場合の所要時間という感じでしょうか。

 試験運行は始まったばかりですので、これからも様子を確認がてら、たまに利用してみたいと思います。

 ▼深川駅前に到着した「循環線」バス(バスの行先表示は「生きがい文化センター先回り 市内循環線」の2行書き)
深川駅前に到着した「循環線」バス

2018.03.25

「2018 JR北海道時刻表付き手帳 4月始まり」

 今月に入って、ネットサーフィンをしていたところ、あるブログで紹介されていたのを知って、先日、札幌に行った際に購入してきたのが「2018 JR北海道時刻表付き手帳 4月始まり」(定価500円)というもの。今まで書店や文房具店の手帳売り場で見かけたことが無かったので、新商品でしょうか?

 大きさは見た目新書判で、実際に手持ちの新書と比べてみると若干小さいです。



 構成は最初のページが時間割表(2個)、次に見開きで平成30年、31年のカレンダー、4ページ目から週間スケジュール欄で3月5日から来年の4月7日まで掲載されており、見開き2週間スタイル。その後にメモページが10ページ程あって、71ページからJR北海道時刻表となっています(路線バスなどの会社線はなし)。







 表紙は特にカバーが無いので、常に持ち歩くと表紙がくたびれる可能性が高いので、何らかの対策が必要と思われます。

 私の場合は、メインの手帳は「ほぼ日手帳カズン」を使っているので、日常の記録よりは、旅行の時に持ち歩いて、JRの時間の確認、行程や交通機関の利用記録をメモするのに使おうかと思ったところです。

2018.03.14

【本の紹介】『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで 「ながまれ海峡号」の奇跡』

最近読んだ本を紹介します。

佐藤優子『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで 「ながまれ海峡号」の奇跡』ぴあ、2018年



この本は、北海道新幹線の並行在来線としてJR北海道から経営分離されて、第三セクター鉄道として発足した「道南いさりび鉄道」の観光列車の誕生を書いた本です。

JR北海道から譲渡された古いディーゼルカーを改造しようとするも、他の観光列車の例と比べても一桁、二桁少ない改造予算などハンデを抱える中、観光列車立ち上げを任された旅行会社の人が、地元の人を巻き込みながら立ち上げていった過程が書かれています。

最初、観光列車立ち上げに対する地元の人は「何もないところに」という反応だったようです。

私の気になった個所は、以下の2ヶ所。
「観光業とは無から有を創り出す〝感性の産業〟」(187ページ)
「過去の旅行商品企画の経験から『ニュースを見た』『新聞に載っていた』ことが、次の参加者を連れてくることもわかっていた。いかに地元に魅力的にうったえるか。」(41ページ)

この本から、地元の留萌本線のことを考えると、かつてのS Lすずらん号のように観光列車の可能性もあると思いますが、まずは地元の人が関心を持つきっかけを作ることが必要と思いました。

北海道の鉄道は、JR北海道の路線見直し問題で岐路に立たされていますが、無から有を創り出した明るい事例として、参考になる本ですので、関心のある方はぜひお読みください。

より以前の記事一覧

リンク(Blog)


Trackback People


  • トラックバックURL http://member.blogpeople.net/tback/00738 詳細はこちらをご覧下さい。

  • トラックバック先URL: http://member.blogpeople.net/tback/00777